99%営業のベンチャーでweb責任者になった。仕事で大切だとおもう2つのこと。

1 / 3 ページ

前編: 未経験新卒2年目で99%営業マンのベンチャー企業のwebの立ち上げに抜擢されてもがいていく話



日々勉強。


新卒、特にベンチャーで働いて日が浅い人はきっと、

"何をしていいかわからない"現象に陥ってるのではないでしょうか。


僕もそうです。


配属後約9ヶ月たちましたが、

最初なんてもう…笑



そこで、簡単に軌跡をまとめて見ました。



新卒入社〜配属

一般的な人材業界営業として働く。

エクセルだったりは大学で少しやっていたので、そこらへんの業務もしながら9割営業。



配属〜1ヶ月くらい

引き継ぎしながらweb側の仕事。だいたい7:3でweb多めな割合。



1〜3ヶ月くらい

やっと覚えてきた用語とかを見よう見まねで使ってみる。

あー、これってこういうことかとだいたいわかってくる。

やったことは、エクセル系のデータマイニング、フォトショップ、イラストレーションを使った簡単なバナー作成、LPの企画と政策、全体のディレクション、来期計画。



4〜6ヶ月

制作系は向いてない(というより外や他の人に任したほうが効率良し、本質的)ということでマーケティングやディレクション業務が主になってくる。やっとタグの意味や、どういう風にホームページが成り立っているのかがわかりはじめる。

この時に本当にわからないながらサービスを1つリリース。スケジュール管理の難しさ、ディレクションの難しさを痛感。というより何もスキルないなと本当に実感。

この間にテックアカデミーというプログラミング講座だったり、マーケティングのビジネス大学院に行かせてもらえる。

ただし多岐に勉強範囲を伸ばしすぎて逆に混乱してくる。



6〜9ヶ月←イマココ

やっと業務分担がしっかりしてきて、ディレクションと分析、マーケティング業務が主軸。良い意味でも悪い意味でもいろいろな知識を得始めたので、便利屋さん的な位置としても確立。

自分のつけるべきスキルキーワードはマーケティングだったり、分析、ディレクション、データマイニング、そこらへんなんだなとようやく実感。

まずは分析をするために本を読みまくりながらセミナーに行ったりしながら日々勉強中。

みんなの読んで良かった!