ついに完結!急展開の最終話:ひとり結婚式から一年後!まさかのふたり結婚式!

1 / 4 ページ

前編: もう男に期待はしない!ひとりで結婚すればいいじゃない!

ひとり結婚式から1年余り経った頃。


なんと、ふたりで結婚することになった。

本当にちゃんと結婚しました

「ふたりで結婚する」という言葉は「頭痛が痛い」のように間違った日本語なはずだけれども、ひとり結婚式を知る周囲の人々に結婚の報告をすると必ず「またひとりで?」と訊かれるので「ふたりで」と付け加えなければならない羽目になった。



あるいは「こいつなに言い出すんだ」「またろくでもないことをやるつもりだろう」と苦い顔をされたり「もうしたでしょ」と認知症のご老人に諭すような口調でからかわれたりなど、なかなかまともに取り合ってもらえなかった。


心配の声も多かった。「旦那さんになる人は同棲失敗をネットに書いていることやひとり結婚式を知っているのか」

ちゃんと知っているのでご安心ください。面白がってくれており、同棲に関しては「ゴミ屋敷に住んでる人ってたまにいるよね」ひとり結婚式に関しては「特にケーキ入刀がカッコ良かった」とコメントをもらった。なかなか淡々とした変わり者だ。


結婚への執着と葛藤

「なんでそんなに結婚したいのか」



結婚願望が異常に強かったために数々の同棲を繰り返し、ついにはひとり結婚式を行うことになったのだ。滑稽なまでに結婚に拘る私に、老若男女さまざまなタイプの人々から幾度と無く浴びせられた言葉だった。しかし今となっては、その質問に真面目に答える必要なんて全く無かったのだのだと理解した。


「結婚はゴールではないんだよ」「結婚したからといって幸せになれるとは限らない」「すぐ離婚する人だっているんだから」


どれも正論かもしれないが、それを口にする人は、ただそうやってただアドバイスがしたかっただけなのだ。


それらを口にする人たちは、もし逆に「結婚するつもりはありません」と言おうものならきっと「将来が不安じゃないの?」「子供っていいもんよ」と結婚の良さについてとつとつと語ったのだろうと思う。


あれは単なる会話のテンプレートだったのだ。


「ほんま暑いですなぁ」「えぇ、京都は盆地ですからねぇ」


当人でなければ、人の悩みなど天気の話と大差ない。本当に親身になって、私の過去・現在の人間性を知った上で、これからの未来のあり方について、責任ある発言をしてくれた人なんていなかった。


そんな天気の話題のような問いかけを、すべていちいち真に受け「自分は本当に結婚したいのだろうか」「そもそも結婚とはなんなのか」「なぜ私は結婚できないのだろうか」「私は何かがおかしいのかもしれない」と酒に酔う度に木屋町で流した涙は、疎水の流れをさかのぼり、琵琶湖の水面を10cmは上昇させたという。


世間話を真に受けて涙を流していた私は純真だった、ということろでとりあえずの話は片が付くのだが、思い返してフツフツと腸が煮えくり返るのは、マウンティング系世間話おばさんと同様の発言をした同年代の男ども(当然のことながら同棲黒歴史も含む)だ。あいつらは罪深い。罪状、時間泥棒。


30代も半ばにさしかかった現在、時間とはお金以上に大切なものだとしみじみ感じている。


お金はあとからなんとでもなるが、時間は泣きわめいたってサンドバックに当たり散らしたってどうにもならん。時間の大切さに気がついてから西院の立ち飲み屋で流した涙はアスファルトを伝って桂川まで染み渡り、真夏の太陽によってむんむんと熱を帯びて蒸発し、ゲリラ豪雨となって京都中に降り注いだという。



つまり20代~30代男性の「なんでそんなに結婚したいの?」発言の真意は「俺はヤりたいだけなのに、なんでそんなめんどくさいこと言うの?」だったのだ。なるほどガッテン。お互いに無益な時間を過ごしたのだ。カジュアルに楽しい時間を過ごしたい男性VS想像以上にヘビーな話を持ってくるアラサー女性。試合は泥沼化し、双方勝ち点ゼロ。アラサー女性陣営には負傷者が続出し、次の試合の欠場が決まった。

みんなの読んで良かった!