友達が自殺未遂しました、たかが婚活で。 〜中編〜

1 / 4 ページ

前話: 友達が自殺未遂しました、たかが婚活で 〜前編〜
次話: 友達が自殺未遂しました、たかが婚活で。〜後編〜

ただ、平凡な幸せを手に入れたいだけ…



結婚相談所に入会する女性は大きく二つに分けられる。



大金持ちと結婚したいがゆえに入会した

目をギラつかせ息荒く

獲物を狙うハンターのような女性


それから奈々子のように

なかなか出逢いがなく


ただ、分かち合える異性と出会い、平凡でもいい、暖かい家庭を持ちたい

こんなささやかな夢のために結婚相談所に入会する女性だ。




このあらゆることが多様化し選択肢あふれる現代社会で



なぜ、たった1人の運命の異性に出会えないのか。。。




出会いが多すぎるが故に、逆に目移りしてしまい

1つ1つの出会いに対し有り難みがないせいか

いや、そもそも人と人との関係が希薄になり

一対一で向き合うことを煩わしいと感じる人間が増えたせいか


私が思うに奈々子の場合は、いずれも当てはまらない気がする。



彼女はずっと探し求めていたのではないか。


純粋な気持ちで…




でも家庭の事情と彼女の引っ込み思案な性格のせいで


縁がなかったのだ。




これは後に、聞いた余談ではあるが


奈々子は短大時代、年上の社会人と付き合ったことがあったそうだ。




山岳部サークルのOBだった彼とは、何度か顔を合わせるうちに

少しずつ親しくなり、彼の方から交際を申し込んできた。




年上の彼は、奈々子にはとても大人に見えた。


実際に行きつけの店に連れて行ってもらったこともあった。


そこには大勢の仲間が集っていた。

大人しい奈々子はなかなか馴染めなかったが

彼の恋人でいられることが誇らしかった。




しかし、そんな彼とも1年も満たない間に別れた。


彼に好きな人ができたのだ。

すでに彼との将来を夢見ていた奈々子にとって


それは大きなショックだったが


少なからず自分にも原因はあると感じていたらしい。


というのも忙しい母に代わって、家事やまだ幼なかった弟妹の面倒で

なかなか彼と会う時間を作れなかったから。



以来、奈々子は特定の恋人を作ることはなかったそうだ。


それから短大を出て社会に出て

めまぐるしく過ぎる日々を

仕事と母の手伝いに費やしてきた。


時の流れは刻一刻と過ぎ




周りは何も変わらないようで、ゆるやかだが着実に変化していた。



友人たちが次々に結婚していく。


年賀状には去年生まれた子供の写真。

短大時代、奈々子と同様に奥手なタイプだった子達まで…


妹さえも、恋人を家に連れてくるような年頃になった。



気がつけば、自分だけが取り残されていた。






でも、もう大丈夫だ。


私は、やっと

自分の幸せのために生きられるようになったんだもの。



奈々子はいつの間にか夜、パソコンに向かうのが習慣になっていた。



マウスを操作する右手がほんの少し緊張する。


画面が切り替わり


マイページという表示と共に

著者のYoshida Maikoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。