今は連絡先がわからない、でもこの手紙、何とか届けたい

1 / 3 ページ

後編: 海に向かって「好きだ~!」と叫んだら伝わればイイのにね~

「連絡先わからんと、連絡できないんか?」

まぁ、こんなわかりきった事に対してホンキで考え始めたのが3年前
その2年後である昨年9月

ナント、特許がとれてしまいました~


ちょっと・・・というか、正直、かなり大変ではありましたが・・・
今は、いつの日か、普通にこのシステムが利用される日が来ればな~
なんて思っています。

今回は、

「連絡先なんかわからんでも、何とか伝えるぜ!」

という大変無謀、且つ、大胆不敵な目標を立てた私が

「AさんとBさんとの連絡を繋ぐことの本質」

これついて、どう考えてきたのか・・・
その初期段階の思考を語っちゃおうかと思います。

1.今まで利用してきた連絡方法について ~その1~

小さい頃、友達に会いに行く時、事前に電話なんかしてましたか?
私がまだ小さかった頃なんか
電話をかける = ぜいたく  ⇒ ゼイタクは敵!
でしたから、そのまま友達の家まで行って
「タケちゃ~ん、あそぼ~よ~!」
なんて、直接訪問だったですね
このような、「直接会う」 という手段は、最も間違いない連絡方法でしょう。

思いつく連絡手段を挙げてみます。
「電話」 「手紙」 「電報」 「eメール」 
では、これらの手段を利用するには、何が必要でしょうか?
「う~ん、電話機、携帯、パソコン、回線、かな」

お~っと、間違いではないのですが・・・
「相手の電話番号」 「相手の住所」 「相手のメルアド」
つまり、それぞれの手段における 「宛先」 が必要です!

この 「宛先」 って、実は真剣に考えれば真剣に考えるほど、
それはそれは 「大変便利なもの」 なのです
理由ですか?
それは
『ほぼ間違いなく相手の居場所が特定できるから』
です。
メルアドなどは、日常生活における住所ではありませんが、
ネット上での住所として考えて良いでしょう

みんなの読んで良かった!