新卒で入庁した公務員時代に見た人々の話〜第2話 デブ二等兵、私の最高の参謀〜

前編: 新卒で入庁した公務員時代に見た人々の話〜第1話 古き良き大将: オヤジ〜

なんか、ティンと来たw


新卒から公務員になり3年目を迎える日、隣の係に新人が配属されることになっていました。


まぁ、新人女子じゃない段階で全く興味は無かったのですが 笑

隣の課には新人女子が配属と聞いて、差別だと心底恨みましたwww


さて、そんなこんなで年度始まりの初日の夕方、入庁式&研修から新人さんが各配属先に挨拶に来ます。

ちなみに隣の係の新人も隣の課の新人女子も社会人歴有りの同い年です。(当時25歳)


まずは新人女子(かなり美人さん)が先に戻って来ました。

うん。。やはり女子のリクルートスーツは良い(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎www


続いて、隣の係の新人が入って来ました。。。。

ふむふむ。。。


間違いない!


こいつは香ばしい匂いがする(褒め言葉w)、間違いなく良いネタ持ってる 笑

メガネ、色白、デブ、無駄に長身(180くらい)、無駄な外面への元気さ。

壮大なネタを背負ってる感がありありですwww


まぁ、まさかその後、私が市役所を辞めるまで平均すると週2、3くらいで飲むようになるとは私も予想してませんでしたがねwww


さて、彼の趣味や特技はこんなかんじ

・アニヲタ(見た目は裏切らないw)

・軍ヲタ(アニヲタにつながりやすい)

・歴ヲタ(WWII辺り専門。アニヲタ、軍ヲタにつながりやすい)

ちなみに彼の一番好きな映画はフルメタルジャケットです。

そのため、以降彼はこの文章ではデブ二等兵と表現します 笑

・PC関連の問題解決スキル高い(何回か世話になりました(´-`))

・引きこもりゆえのリサーチ能力の高さ

・熱狂的FC東京ファン(でも出身は北海道)

・引きこもりだが、誘うと断らないフットワークの良さ


改めて列挙すると、ツッコミどころしかありませんな 笑


これだけ見たらただのダメ人間なのですが、非常に物事の分析力が高く、上司や先輩にもはっきりと助言や指摘をすることが出来ます。

市役所で唯我独尊状態だった私ですが、様々な案を出す時にもデブ二等兵が反対する際は一旦保留、修正していました。

このおかげで修正する癖やスピードがついた気がしています。


この事から、一部の人及び私はデブ二等兵を『私の、最高の参謀』と称していました。


今でも度々連絡を取りますが、

本来引きこもり体質なのに色々と引きずり回した反動か、以前より引きこもり体質、ヲタ体質が強くなったようです 笑

海外は行かないと言い張っていますが、いずれ無理矢理にでも引きずり出したいところです。


さて、次回は

・一瞬の煌き、8ヶ月で辞めたガチヲタ

・市役所に過ぎたる者、東北の大才

・ツンツンツンデレラ

の中から一本か短くして組み合わせます 笑


みんなの読んで良かった!