考えない人の歩み方〜無計画な26歳女のリアルストーリー

高校中退、美容師、AV女優、キャバ嬢、風俗嬢、愛人、カフェプロデュース、ヘアメイク、アパレル、絵画販売…

経歴だけみると、世間のタブーをかなり冒しているヤバめなやつだと判断されるであろう。

だがしかし、わたしの見た目は至ってナチュラルなのである。自分で言うのもなんだが、万年モテ期である。際立って美人なわけではないが、とっつきやすい雰囲気に、色白、スリムボイン、そしてなんといっても男脳を占める割合が多いがゆえに男心をがっつり理解して離さない。極めつけはエロ、である。しかもそれは、日本人男性の好きな奥ゆかしいエロ、なのだ。


こんな風に書き連ねると、女性の眉間にシワが寄るのが想像できそうなものだが、わたしは自分で勝手に引き寄せるイバラ道や大荒れの波に常にもがき続けるという、なんともドMな自作自演のコントに悩まされ続けていたのだ。

わたしの輝かしい20代前半は嵐のように過ぎ去った。

著者の月と 海さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。