1日20時間労働で鬱病になり、パチンコで100万円を使い果たした僕がビジネスを始めたきっかけ

1 / 2 ページ

次話: 3年間信じて努力してきたことが無意味だったと気づき、絶望した。そこから学んだ1つのこと。

学生の時から野球一筋。

高校卒業後、野球しか知らない僕が進んだパン職人の道。


専門学校に通い、パン屋に就職。


真面目に頑張れば自分のお店を持てると思っていた。


自分のためだと思い、必死に頑張った先に待っていたのは鬱病。

生きる気力を失い、何もする気になれなかった。

毎日暇を持て余し、ギャンブルに染まっていった。


何も生き甲斐がなかった僕は1つのことがきっかけでビジネスを始めることなった。







自分の進むべき道は?


中学生の時から野球を始め、毎日野球に没頭する日々が続いていた。


高校3年生になり、まわりは大学受験や就職活動を意識し始めた。

僕は自分の将来なんて考えたことはなかった。

ただ毎日野球をひたすらやっているだけだった。


心の中では野球に逃げていただけだったのかもしれない。


そんな僕にも考えないといけない時がきた。


2011年7月24日

僕の高校野球人生に幕が降りた。


野球をしに学校へ行っていた僕は学校へ行く意味がなくなったと同時に生きる目標まで見失った。

まわりのみんなは受験勉強や就職活動を頑張り始めていた。


自分の進むべき道は何なのか。


そう悩んでいたある日、高校の横にある1件のパン屋さんに入る。

何気なくパンを買い、お金を払おうとしたその時、レジのおばちゃんが話しかけてきた。


「おにいちゃん野球部?」


僕は「はい!つい最近負けてもう引退したんですけどね!」と答えた。


おばちゃんは「お疲れさん。いつも頑張ってたん知ってるよ。おまけ入れとくね!これからも頑張ってね!」と言ってくれた。


僕はお礼を言い、店を出た。

店を出ておまけのパンを食べた時、すごく優しい味がした。

その時、僕は「こんなパンを作りたい!!」と思った。


やりたいことが出来た。


パン職人になる決意をし、高校を卒業した後は専門学校へ入学した。


楽しみにしていた専門学生生活だが、週5日の実習の内、パンの実習は1日だけ。

説明会の話と全く違う。


家庭がきつい中入学にお金を出してくれた親には悪いと思ったが、この学校では時間を無駄にするだけだと思い、1年で中退。


自分の店を持って親に恩返しをしようと決意!


一流のパン職人を目指してパン屋に就職する道を選んだ。






1日20時間労働、休みなし!?


就職して1日で学生時代に学んだすべてのことがほとんど無意味だったことに気付かされた。


何も通用しない。


学校を1年で辞めて良かったと思った。


僕は先輩から技術を教えてもらいつつ、一生懸命働いた。

入社した当初はひたすら仕事を覚えるのに必死だった。


4時に出社。

昼食は18時を過ぎてから。

退社は24時。


毎日20時間労働。

正直きつかった。


定休日は月曜日。

友達は学校か仕事なので休みの日は寝るしかなかった。


僕は就職してから太陽の光を浴びず、誰とも会話をしなくなっていた。


毎日、1日が早く終わらないか。ということしか考えていなかったのにも関わらず、精神的に追い込まれていることにも気づいてすらいなかった。


僕が就職して8カ月たったある日、店長からスタッフ全員に話が持ち掛けられた。


「休みなしで働いてくれ!」


1カ月、催事があるとのことだった。


「まじで?」

そう思いながらも機械のように働こうとしていた。


僕はそのことを何気なく母親に話した。


母親に「あんた身体大丈夫?」と言われた。


その瞬間に僕を支えていた何かがプツンと切れるような気がした。

それは今になっても何かわからない。


次の日、精神崩壊を起こした。

僕はその日のことを何1つ覚えていない。


ただ仕事に行きたくないと泣いていたらしい。


ここから僕の鬱生活が始まったのである。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。