1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

1 / 7 ページ

「おぎゃーおぎゃー」


2012年9月某日、待望の長女が誕生

この女の子は「1億円」を持って生まれてきた。



そう僕や、僕の仲間から言われている。今回は、

そんな「奇跡の女の子」の話をしようと思う。



赤ちゃんが、1億円持って生まれてくる、わけないだろ??



あなたが、そう思ったのであれば、

最後まで、このストーリーを読んでみてください。

そして、奇跡のような、真実に触れてみてください。





プロローグ:

「先輩、子供と遊びたいので、会社辞めていいっすか?」笑


「子供との時間を大切にしたい」

 これが、僕が独立した”出発点”です。



それが今から、数年前のこと。

で、今どうなったか?



僕は、理想のライフスタイルを

無事、手に入れることができました。



そして、僕だけでなく

僕の仲間も、理想の生活を手に入れています。



「子供との時間を大切にする」


日本では、男は外に出て

お金を稼ぐのが、一般的です。



平日は、子供の寝顔しか見れない。

そんなパパは多いでしょう。



実際に、子供と好きなだけ

一緒にいることは、難しいのが現実です。



しかし僕は、自宅で

1日1時間働けば、仕事は終わります。



子供と過ごす時間も、たっぷりあります。

「子供との時間を大切にする」

これを実現できる、

経済的・時間的ゆとりがあります。



このSTORYでは、僕がどうやって

今の、ライフスタイルを手に入れたか。



そして、

あなた自身が理想のライフスタイルを手に入れる

そのための方法を、シェアします。



それは、1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」が、

僕や、僕の仲間に、教えてくれたことです。



■■俺の仕事は、子育てだ!


はじめまして。

僕の名前は、大島享(おおしまとおる)。


仕事は、経営コンサルタントです。


主に、独立起業を目指す方、

個人事業主の方、法人経営者の方へ

売上アップ、業務効率化・自動化の

アドバイスをしています。



その理由は、


「子供との、時間を大切にしたい」

「子供の、成長を見守りたい」

「子供と、遊ぶ時間がほしい」

「子供に、経済的に不自由させたくない」


僕と、同じ思いを持った

パパとママが、世の中にたくさんいるからだ。



まだ独身でも、僕のように考えている人はたくさんいる。

僕自身、結婚する前から

結婚したら、子供と育児をメインにしたい。



そう思っていたし、

それを手に入れるため、独立を目指した。



そして今は、収入を増やす方法、

自由時間を得る方法を通して


「子供との時間を大切にする」


そんな働き方を教えることを、仕事にしている。

みんなの読んで良かった!

他39コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。