1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

1 / 20 ページ

「おぎゃーおぎゃー」


2012年9月某日、待望の長女が誕生

この女の子は「1億円」を持って生まれてきた。



そう僕や、僕の仲間から言われている。今回は、

そんな「奇跡の女の子」の話をしようと思う。



赤ちゃんが、1億円持って生まれてくる、わけないだろ??



あなたが、そう思ったのであれば、

最後まで、このストーリーを読んでみてください。

そして、奇跡のような、真実に触れてみてください。





プロローグ:

「先輩、子供と遊びたいので、会社辞めていいっすか?」笑


「子供との時間を大切にしたい」

 これが、僕が独立した”出発点”です。



それが今から、数年前のこと。

で、今どうなったか?



僕は、理想のライフスタイルを

無事、手に入れることができました。



そして、僕だけでなく

僕の仲間も、理想の生活を手に入れています。



「子供との時間を大切にする」

みんなの読んで良かった!