まだタイトルはありません③

前話: まだタイトルはありません②

1989年2月9日に広島で産まれた

普通に、元気に、産まれてきた


でも、
なぜか、髪の毛はなかった
産毛もない

まぁ、そんな感じで私は産まれてきたわけだ




いつまでたっても、髪は生えないし、言葉も出さない娘を心配してか、両親は色々病院をまわったらしい

診察結果は毎回同じ。

原因不明
病気ではないから大丈夫
言葉はそのうち喋るでしょう

確かに、言葉は、今、普通に話せてるので問題はなかった

髪に関しては

正直全然大丈夫ではなかった

病気ではないから大丈夫

そうだね。死ぬわけではないからね。

でもね、性別女で髪の毛ないのは

本当に本当に
生きずらいよ。




当時の私なんて、そんなこと知るよしもなかったけど。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自分の生きずらかった経験を通して学んだ事や身に付けた能力も交えて書いていこうかな。と思います。
あと、乗り越え方。乗り越える為の考え方。
私が経験した事なんて、大したことないのかもしれませんが、死ぬまでには記したいと思っていたので、ちょうど良かったです。
ほぼほぼ自己満で、あわよくば、読んでくれる人いたらテンション上がります。





みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。