ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ⑤寒空の下で書いた婚姻届

1 / 2 ページ

前編: ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ④真剣に結婚を考えた時の話
後編: ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ⑥初めての二人きりの夜

私とたまのぶは、結婚の証人になってくれる共通の知人の中田さんに会うため、アーバンキャンプの会場へと向かっていた。季節は初冬で、日没後の路地を歩くと、吐く息が白かった。私のバッグの中には、まっさらな婚姻届けが2枚入っていた。

中田さんは少し遅れて来る事になっていたので、私たちは、たまのぶの友達のメイちゃんたちと先に合流する事にした。メイちゃんは、私より少し年下の、かなりフリーダムな感じの女の子で、キャンプ場にコタツを持ち込んで宴会を始めていたのだけど、吹きっさらしの夜空の下で電気も入っていないので、とても寒かった。私たちは6人くらいでキュッと寄り添い、暖をとっていた。

どれくらい話しただろうか。

ふと、たまのぶが、「じゃ、書こっか」と言い出した。

私には、それだけで、たまのぶが何を書こうと誘っているのか分かった。

「うん」

私はバッグから婚姻届を出した。

最初にペンをとったのは、たまのぶだった。彼はスラスラと自分の名前や生年月日、住所、親の名前など書いていった。

そして次は私の番。

ペンを握り名前を書こうとした瞬間、少し手が震えているのが自分でも分かった。

その時、私は、少し怖いと思った。

これにサインしたら私たち二人は、結婚する。それは先が全く予想もつかないことで、私はそれを「怖い」と感じた。

いや、私の人生で先の予想がつかない事など、いくらでもあった。ただ、これまでは私1人の人生だった。それがこれからは、2人での人生になる。私という不安定な人間に、ホームレスの彼。この組み合わせに、不安をいだかない者が、私達以外にいるだろうか?

「オレは養う事はできないけど、一緒に頑張る事はできるよ」

以前たまのぶが言ってくれた言葉が、私の頭の中をリフレインする。

同時に、スラスラと婚姻届にサインをしたたまのぶを凄いと思ったし、そんな風に堂々と記入してくれることを嬉しく思った。

そして私は名前を書いた。白濱優子。この名前も、結婚してしまえば、名字が変わり書かなくなるのだ。女性にとって結婚とは、自分で自分の名前を変える行為でもあったのだ。

その時、一緒にコタツの中に入っていた人が話しかけてきた。

「何書いてるの?」

「婚姻届だよ」

「エッ! 嘘でしょ?』

「いや、本当です。本物ですよ」

みんなの読んで良かった!