看護師として生きる

前編: 看護師として生きる
後編: 看護師として生きる

挫折。


小学生の時は

かなり良い成績で

「将来楽しみね。」

なんて担任にも言われてた。



そんな調子で中学生。

まずまずの出だしだったんだけど、


わ、わ、わ、わからん…。


だんだんお勉強について行けなくなったの。



人間ね、1回パキーンって折れると



なかなか、「もう1回!」ってならんもんだ。



そのまま、まっ逆さまの急降下。



バンジーみたいな。


あ、跳ね返りなしね。



もう嫌になって。



親は必死で、塾だー、家庭教師だー、って



何とかって思ってたみたいだけど、



本人ヤル気なしだから駄目だよね。



ちょうど思春期だから

中学生あるあるの


『いじめ』


もあったし。

私は回り回るパターンのやつで


ターゲットが次から次に変わるの。


だからまんべんなくいじめの対象にされるけど




いじめてる本人と

お気に入りの子だけは

ターゲット外。



このいじめがあったから

学校もあまり行かなくなってね。



だからって家に帰る事も出来ず

金のない中学生だったし



知らん人の墓場の前に座って


あ、墓場ぐらいしか目立たない所なくて


中学生の頭で考えた必死の隠れ場。


そこで空見たり、ボーッとしたり。



ちゃんと



「しばらく居させて下さい。」



って手合わせたよ。





そんなんだから、受験も最悪。


普通の高校受験するつもりだったけど、


普通科は無理。


んじゃ何科?


家庭科。


家庭科なら行けるかなレベル。




家庭科ってこれまた


将来何になる科?


結婚、主婦の花嫁修業科?



あー、また夢から離れたー。


でもしょうがない。


高校行かないわけにいかんし。




夢への挫折。

もうどうでもいいと思ってたけど。








続きのストーリーはこちら!

看護師として生きる

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。