うつ病発症と、コールセンター遍歴(2)

前話: うつ病発症と、コールセンター遍歴
次話: うつ病発症と、コールセンター遍歴(3)
こんばんは。
思いがけず、続きを読みたいとおっしゃっていただいた方がありましたので、書かせていただくことにしました。
私は1996年から2006年までの間、コールセンターで働いておりました。途中、2001年にうつ病を発症。以後、2006年までが休職・退職・派遣労働などにあたっていますが、その期間も「感情労働」の最前線ともいえるコールセンター派遣に就労しております。
おそらく、この「STORY」は、数回にわたっての記述になるかと思います。よろしければおつきあいください。集中力が回復しきっていないので、細切れになってしまう点、予めご承知おきくださいますようお願いいたします。
次回は、私にとって最初のコールセンター勤務となった、大手パソコンメーカーA社関連の業務について、感じたことも踏まえてお話しさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

うつ病発症と、コールセンター遍歴(3)

著者の鈴木 松司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。