看護師として生きる。

前話: 看護師として生きる。
次話: 看護師として生きる

あららら?



20歳になった私と同級生の友達。

何か当たり前みたいに


「飲みにいく?」



って言葉が普通になった。



「どこ行く~?」

「今日は○○行こうよ。」



みたいな会話が


いつも休み時間にあって、




学校終わってシャワー浴びて


チャリで街までダッシュ。



「どこ行くの?」

「何時に帰って来るの?」



何て言われる事もないから



果てしなく自由。



ここからかな。



私のするべき事は学校・勉強ではなく、


遊び・飲み会がメインになってしまったのは。




もちろん、お気に入りのbarも出来たし、

常連にもなったし、

また飲みに行く為に、

バイトもした。



若い女。

手っ取り早く稼ぐ。

街に近い。



と言ったら、もちろん




『水商売』




時給2000円でバイトして


飲みに行って朝までいて



当たり前に学校はお休み。


食事もロクにしなくて

10㎏痩せたし。




こんな生活が続いたら


当然学校は黙っているわけがない。




即・実家に電話され

親登場。




私、どこまで迷惑かけたんだろう…


と今は思う。


しかし、その時は




「うざっ。」




って本気で思った。




ここまで好き勝手して




神様は黙っててくれるか…




そんなわけない。




甘い。

甘い。

甘い。


人生なめてる。

 

奈落の底に落ちろー!


だった。


合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

続きのストーリーはこちら!

看護師として生きる

著者のKaoru Katsumiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。