看護師として生きる

前編: 看護師として生きる。
後編: 看護師として生きる

落第。




ズドーーーン。


落第が決定して、

海に行った。



落第が決まったのは



3月の春休み。



「死…ね…。」



って自分に本気で思った。




海見ながら


ボーッとして


泣きたくなって


世界一不幸に感じた。




「消えればいい。」




って。




そんな時に携帯に一本の電話。




「私も落ちたー。」




同級生の友達。


まぁまぁ仲良い1個上の子。




「え、マジで?」




「マジマジ。一緒だって!」




ぱぁっと目の前が明るくなった。


単純過ぎ。




「一緒なら良かった~!」





じゃ、帰ろ。


あれ?死にたくなったのは?



さ、本屋でも行こうっと。


本屋とか行く?死にたくなった人が?




てか、腹減った。


減るんかい!?





何て言う簡単な…。






続きのストーリーはこちら!

看護師として生きる

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。