看護師として生きる

前話: 看護師として生きる
次話: 看護師として生きる

彼氏。



まだまだ青春冷めきらず



もちろん色恋話しもあった。


モテ期もあり

『一目惚れ』

と言われた事もあった。



この頃が絶頂だったな。



でもいつも長続きしなくて、

数ヵ月で恋が終わる繰り返し。


何か

「今決めなきゃいけないの?」

って思った。


だから長続きもしなかったんだ。



その中で私が恋した彼は


『水商売の君』


カウンター越しだと何故か更に素敵に見える。



背が高くて~甘いフェイスで~



まさに理想だった。


彼は優しくて、なつっこくて、

だんだん好きになっていった。




個人的に一緒に遊んだりした。

『特別』

になった感じがした。



だけど、彼には

長い間付き合っていた彼女がいた。

それを知ったのは、ずっと後の話し。



『二股』



ではなく、

私はただの客で


常連だから自分の客にする為に

彼も彼で必死だったんだ。



それがわかったのは、


違う店の水商売の彼に


告白されて付き合った時。


水商売はそんなものだと教えてくれた。




「でも、お前は俺にとって本当に特別な女だから。」




もう、、、


ズキューン!



21歳、冬。



だけど、この時も


軽い気持ちだった。



どうせ看護学校卒業したら

地元帰らなきゃだし。



あと1年だけだもんね。












続きのストーリーはこちら!

看護師として生きる

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。