絶対音痴の僕がミュージカルに出て、音痴が全く治らなかったけど、人生変わった話

1 / 4 ページ

プロローグ:小学校時代で経験した二つのトラウマ


初めまして、水野です。

いきなりですが僕の小学校の頃の苦い体験を聞いてください。


それは小学4年生の時の学芸会。僕たちの学年は「オズの魔法使い」を扱うことになりました。僕は立候補したのは「オズの大王」。どうしてもやりたかった役です。


そして、とある音楽の授業の時間、他にも立候補した生徒たちが集められオーディションが行われることになりました。課題曲は本番で歌う「オズの大王の歌」。


前日、僕は頑張って歌詞を覚え、オーディションでは一人だけ最後まで間違えずに歌い切ることに成功しました。


水野
もらった・・・!

僕は、勝利を確信していました。




しかし後日。衝撃の事実が発表されます。選ばれたのは歌詞を何度も間違えていた別の子だったのです。

水野
なぜ自分は選ばれなかったのだろうか?


当時、その理由がさっぱりわかりませんでした。



また小学校5年生のとある音楽の授業。

僕らのクラスを受け持っていたのは、この学校に来て1年目の若い女の先生でした。まだ生徒たちをまとめることが上手くいっておらず、ピアノを弾いているものの、ほとんどの生徒は声を出していません。


ただ何人かの真面目な子供たちは、真剣に歌っていました。ちょうど1番が終わった辺り。ピアノのメロディが突如止まり、先生は首をかしげながらこう言ったのです。

「音、ズレている人がいるね。」

学級委員だったということもあり、ここぞとばかりに誰よりも大声を出していた僕に、クラスメイトたちの視線が向けられました。


自己紹介


遅くなりましたが自己紹介をさせてください。水野と申します。

社会人3年目の26歳。「就活ミュージカル」というミュージカルのプロデューサーをしています。

なかなかイメージしづらいかもしれませんが、公演の資金調達や宣伝活動、スタッフやキャストのスケジュール調整、稽古場の確保などをしている、と考えていただければと思います。


初年度は池袋の東京芸術劇場、2年目は銀座博品館。どちらも3月に公演をし、多くの方にご来場いただきました。また、ありがたいことにキャストとしてこの2年間、キャストとして舞台に立つ機会をいただきました。


そして2017年。

今年の3月公演ではキャストとして舞台に立つことはないのですが、引き続きプロデューサー3年目としてこのプロジェクトに関わっています。また、それとは別に、2016年から水谷健吾という名で本格的に小説家として活動をしています。


歌が苦手な僕がミュージカルに関わることになり、そして作家活動をすることまでの過程を書き記してみたいと思います。

みんなの読んで良かった!