家族のコミュニケーション-その14  配偶者の親と付き合う

1 / 2 ページ

次話: 家族のコミュニケーション-その15  敬意のこもった接し方

結婚生活で大きな問題になりやすいのは、配偶者の親です。

特に嫁、姑の確執はドラマにもなります。

 

なぜそうなるのか、どうすればいいのか。

 

ある妻の声:

夫の母は何でも私のすることが気に入りません。

事ごとに意見を述べ、私を非難します。

でも私の両親も夫を厳しく非難します。

お互いにとても憂うつになります。

 

ある夫の声:

母は最初から妻のあら探しばかり、誉めません。

妻の両親も同じで、私の欠点を誇張してはなします。

人を馬鹿にして笑いのネタにします。

 

確かに夫と妻、それぞれの両親の争い事は、ドラマにもよくなっています。

それほど日常的に起こっています。

笑いのネタになりますが実際はとても深刻です。

 

ある妻の声:

夫の母は何かと私たちの生活に口を挟んできました

私は夫にあたっていました。

夫は私と母の板挟みになって辛い思いをしています。

 

◆◆なぜそうなるのでしょうか◆◆

いくつも理由は考えられます。

 

大きな問題は嫉妬です。

若い妻と結婚した自分の息子が取られたと思うのです。

自分たちは脇へ追いやられて、息子のためにもう何も出来なくなった。

若いので家庭をきちんとおさめていけないと思うのです。

大切に育てた息子なので、もっときちんと世話してほしいと思うのです。

 

当然母親は若い妻より何でも上手に出来るでしょう。

出来て当たり前です。

若い妻の方が何でも上手に出来る事など期待する方が

どうかしてます。そんなことがあるはずはありません。

 

夫婦仲があまり良くない場合。

夫から依頼された母親は妻の欠点や問題点を探しに

やってきて、あることない事を言いたがるかもしれません。

時には離婚を望んでいるなど、ほのめかすかも知れません。

夫婦にとってはとても危険な存在にさえなります。

 

夫婦の問題を配偶者ではなく、それぞれの親に相談すると、

問題は深刻になります。

良いアドバイスはもらえるものの、

その分家庭の中が覗かれる事になります。

少なくとも、何かの説明が必要になったりして

干渉されているように感じる事になります。

 

 

◆◆具体例を考えましょう◆◆

【ケース1】

配偶者が何でも自分の親に相談する。

近くに住んでいるので、両親が毎日やってくる。

孫が生まれてからは、何かと干渉がひどくなった。

 

■関係する事柄:

著者のもも と つばさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。