家族のコミュニケーション-その15  敬意のこもった接し方

1 / 6 ページ

前編: 家族のコミュニケーション-その14  配偶者の親と付き合う

夫婦の間に何が生じているのでしょうか。

ノイローゼ気味のヒステリックな妻がいるとしましょう。

夫はその妻を持て余しています。

「うるさいのでほっとけ」と、話は聞いてくれません。

 

◆◆女性と男性の違い◆◆

自分の気持ち、感情について話して聞いてほしいと女性は思います。

話しを聞いてもらうだけで良い場合が多いです。

「良くわかると」「そう思うのは普通だよ」

「辛かったね」「話してくれてうれしいよ」

夫が辛抱強く耳を傾け、敬意のこもった話方をすること。

思いやりをもって親切に接してみる事は重要です。

 

男性は問題の解決策を示して、すぐに行動を促したいと思います。

「じゃあ、こうすればいいんじゃないか。」「簡単だよ。何で泣きわめくんだ」

「そんなことぐらいで煩わさないでよ」「くよくよ考えないで良いんだよ」

 

 

◆◆敬意のこもった話し方とは◆◆

配偶者の人格を尊重すること。

配偶者の尊厳を高く評価して、相手の気持ちを理解しようと努める事。

みんなの読んで良かった!