家族のコミュニケーション-その22  家庭の平和を促進する

1 / 5 ページ

前編: 家族のコミュニケーション-その21  負債に対処する-その2

家庭をもっと平和にするには

家族の相互の関係は同等とみなされるべきです。

親も子供もそれぞれに相手の立場に対して積極的な見方を持つことが

当然必要になります。

 

積極的な見方とは、家庭の平和に関してです。

皆が平和になるために何が出来るかを考えるのです。

 

「闘争心を捨てる」「自分の事だけを考えずに家族の益を計る」

これは大切な事です。家族の事を自分自身よりも大切にすることです。

 

心を大きく開いて,人の考えに注意深く耳を傾ける。

聖書はこう言っています

―新改訳聖書 テトス3:12

3:1あなたは彼らに注意を与えて、支配者たちと権威者たちに服従し、

従順で、すべての良いわざを進んでする者とならせなさい。

3:2また、だれをもそしらず、争わず、柔和で、

すべての人に優しい態度を示す者とならせなさい。

 

「けんか腰で答えないようにすれば,大抵は,険悪な雰囲気にならずに済みます。

先入観を持たずに耳を傾け,同意できなくても

みんなの読んで良かった!