家族のコミュニケーション-その21  負債に対処する-その2

1 / 3 ページ

前話: 家族のコミュニケーション-その20  負債に対処する-その1
次話: 家族のコミュニケーション-その22  家庭の平和を促進する

◆◆ 問題その2 負債から抜け出せないように思える。

 

ある夫の声

「事業がうまくゆかず,多額の負債を抱え込んでしまいました。

その事業は,金融危機によって,ますます不振に陥りました。

その後,妻が手術を受ける必要も生じました。

わたしは,クモの巣に掛かった虫のように,

もう負債から抜け出すことなどできないと思いました」。

 

ある夫の声-その2

貯金すべてを投機的事業で失って,12の銀行に借金がありました。

「友人と顔を合わせるのもきまりが悪く,

負け犬になったような気がしました」と述べています。

 

負債を抱えたことで失意や罪悪感や屈辱感に

打ちのめされそうな場合,どうすればよいでしょうか。

 

◆成功の鍵:家計をうまく切り盛りする。

 

◆生活費として必要なのはいくらか。

2週間-あるいは,もう少し長いほうが実際的なら1か月間-

家計簿を付けてみましょう。毎日の終わりにその日の出費を書き込みます。

全てを記録することが望ましいです。

クレジットで買ったものも、その控えを見て記入する。

その記録に,預貯金から引き落とされる、電気、ガス、水道、電話、新聞、NHK、

携帯電話、国税、市税、自動車税などの税金、国民保険料、生命保険など、

さらに借金の返済などを記入します。

年間で収めるべきその他の出費。

それらの月平均額を割り出してみましょう。

 

◆収入を増やす。

今の職場での時間外勤務を引き受ける。またはこちらから追加勤務を申し出る。

他に探してアルバイトのはしごをするよりも、

同じ職場のほうが移動などの時間と費用が節約できる。

季節労働を行なう,家庭教師をする,廃品を再利用する,

趣味を生かして家で仕事をするなど,できるかもしれません。

 

家族みんなで出来る事を考えて下さい。

子供たちが小さいとしても、新聞配達や牛乳配達のお手伝いが

出来るかもしれません。そのようにしている家族もいます。

負債に対処するための実際的な方法を考え出して下さい。

 

◆出費を減らす。

安売りしていても,必要のないものは買わないようにしましょう。

ある夫の声

「ほしいと思ってもすぐに買わないのは良いことです。

そうすれば,本当に必要なのか,

ただ欲しいだけなのかを見極められるからです」と言います。

 

次のようなアドバイスもあります。

 

住居費・できれば,家賃の安い所に引っ越します。

省エネによって光熱費を減らします。駐車場なども安い所を探す。

 

食費・外食はほとんどしません。お弁当とお茶を持参します。

コンビニでお菓子なども買いません。自分で作れるものは作ります。

少し作り貯めて、それをうまく活用します。

クーポンや割引券を利用したり,特価品を買ったりします。

ある妻の声

「青空市場で閉店間際に買い物をすれば,果物や野菜を安く買えます」と言っています。

著者のもも と つばさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。