看護師として生きる

1 / 2 ページ

前話: 看護師として生きる
次話: 看護師として生きる

恋愛秘話。



彼氏は


私のタイプではない。


でも世間一般では


モテる人。

でも


モテる=みんながタイプ


ではないわけだ。


だから好きかと言われても

正直…



よくわからなかった。


彼は夜のお仕事で

バーテンだから


いわゆる店の『商品』。


私が前に大好きになった人と同じ。



彼目当てで女の客も来るから、



彼女なんてご法度。




「彼女なんていませんよー。」


とお客さんに言っている彼を見ても


ヤキモチとかはなかった。



やっぱりそこまで好きじゃなかったのかな?

勢いで付き合ったのかな?


ま、でも、深くも考えなかったけど。



私はそんな感じだったが、

彼の好きはすごくて

私が恋愛経験があまりないからか

そう感じただけかも知れないが、



彼の先輩に食事に連れてって貰った時

先輩は私達が付き合っているのを知っている唯一の人で、


とても良くしてくれたんだけど


食事中、


彼氏と私、

ずっと手を繋ぎっぱなし。


何でずっと手を繋いでたのか、

食べにくいだろうと

今は思いだしながら笑ってしまうが


ずっとずっと手を繋いでいた。



付き合ったすぐは、

結構頻回に会ってて


会っててと言うか

学校終わって遊びに行って

彼氏の家に行って寝て

朝方彼氏が帰って来て

そして私が朝学校行って


の、ほんのわずかな時間だったが、


一緒に寝て


チューして


抱きしめあって寝ていた。




が…何にも寝れなかった、私は。




土日も彼は仕事だったけど

私が休みだったから

一緒にくっついている時間は長かった。



でも

若い男女が一緒に寝てるのに



彼は一向にチュー以上の事はしなく。



でも私も特に疑問にも思わず。




付き合って1ヶ月が経った頃に


ようやくその日が来た。


著者のKaoru Katsumiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。