フランス人に教えてもらった、人生を豊かにする超本質的な2つの習慣(その1)

1 / 2 ページ

次話: フランス人に教えてもらった、人生を豊にする超本質的な2つの習慣(その2)
こころ
Bonjour à tous!


最近、忘れていませんか?


こんにちは

福元こころです。


今日は、私がフランス留学で、フランス人達のの生活から教わった、

人生を豊かにする超本質的な習慣をご紹介します。



どんな時も、必ずこれから始まる・・・




以前、はてなぶろぐにも書きましたが、私が考える

『フランスにおいて、もっとも重要な習慣』

それは・・・


"Bonjour!"


こころ
Bonjour! 日本語だと「おはよう、こんにちは!」の意味です。



日本でも、「おはようございます」「こんにちは」といった挨拶はマナーのひとつです。


しかし、特に「おはようございます」や「こんにちは」って、

知ってる人としかやりとりしませんよね?


フランスの場合、知らない相手でも、

顔を合わせば必ず「Bonjour」から始まります。




知らない相手とは?



パンを買いに行った時。

カフェでコーヒーを頼む時。




まずは店員さんに対して「Bonjour」なのです。

いきなり注文はしません!


日本の場合は、


店員さん
いっしゃいませ!
こころ
あ、えーと・・・ケーキセットでこれお願いします。
店員さん
かしこまりました!


と、こんな感じですよね。


お店の雰囲気と、お客さんの態度は必ずしも一致しない場合もあります。


私は学生時代、喫茶店でアルバイトしていましたが、店内に入って来るや否や、いきなり大声で

「コーヒー!」というお客様もいらっしゃいました(汗)



では、フランスはどうでしょう。


こころ
Bonjour!
(こんにちは)
パン屋さん
Bonjour, madame.
(いらっしゃいませ)
こころ
Une baguette s'il vous plaît!
(バゲットを1本下さい)
パン屋さん
Voilà, merci
(どうぞ。ありがとうございました)
こころ
Merci, au revoir madame
(ありがとう。ではまた)


パン屋さんで、バゲット1本を買う時の会話です。


これを日本語に訳すと、ちょっと堅苦しい感じがしますよね・・・


注目する点は、

必ず挨拶で始まり、挨拶で終わるとところ!


そして、客も店員も「Bonjour」から始まり、

客も店員も「Merci(ありがとう)」と言う。


客と店員に上下関係がないのです!


カフェやパン屋さんだけではありません。


バスに乗る時は、バスの運転手さんにも「Bonjour」

スーパーで買い物する時は、レジ係の人にも「Bonjour」

駅で切符を買う時も、銀行でも、郵便局でも、窓口の人には「Bonjour」


さらにすごいのは、

通りすがりで目が合った人にも「Bonjour」!!!



日本に帰国してから、私はいたるところでこの「Bonjour」が言えない事を寂しく思いました。


確かに、知ってる人に会ったら「こんにちは」と挨拶しなさいと躾けれて来たので、

知っている方には「挨拶」できます。



フランス語を知っている人も、知らない人も



でも、どうでしょう?


上に挙げたフランスでの会話。

なんとなく、「良い印象」を感じませんか?


例えば、すごく落ちこんでいる時。


全然知らない人から「Bonjour」って声を掛けてもらえる。

何か買い物したら、お互いに「ありがとう」と言い合える。


曇ってた心が、さぁ〜っと晴れやかになるんです!





気持ち良い1日を過ごす

著者の福元 こころさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。