いつか来る時

私は椅子に座り、パイプたばこを吹かし、

2017年1月9日(月)の出来事に思いをはせている。

夕方6時 職場から「お疲れ様」言って

アルバイトがぞろぞろと私の前を通り過ぎ退社をした。

ふと目をやればモンゴルから来た留学生ひとり

もじもじとしていたので「どうしたの?」

彼女は流暢な日本語で

「今日で終わりなの」

「そうなの、ご苦労様」

彼女は笑みを浮かべ、「仕事楽しかった」つぶやき、

私の前から去っていった

一緒に仕事できて楽しかったのか

それとも仕事そのものが楽しかったのか

そう思いつつ彼女に日本に来て良かったという

印象与えて良かったと思うし、

短期であったが仕事を一緒にした時間を楽しめたから、

別れはやはり寂しい。

著者の大東 豊さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。