38キロ地点で待っている家族と仲間へ「必ず会いに行きます」初心者ランナー、抗がん剤治療を乗り越え東京マラソンを完走

1 / 5 ページ

私が所属する「うな勝ランニングクラブ」の応援「のぼり」が立つのは、例年、東京マラソン経路の38キロ地点です。ゴールまであと少し、ここまで頑張ったランナー仲間を全力で応援します。


競争率10倍という東京マラソンに当選はしたものの、突然のがん告知で完走どころかスタートラインに立つまでの道のりがはるかに遠くなりました。…半年の軌跡を綴ります。


【定期検診後のがん告知】

僕の予想と違ったんだよね。治療方針を変えます

2014年7月、七夕の日に初期乳がんの手術を受けました。大きさは5ミリ。

ステージはⅠで、入院もたった3日。術後は5週間の放射線治療を「補助療法(再発予防のため)」としておこなって、おしまい! あとはホルモン錠剤を投薬治療...

…で終わるはずでした。

ところが、手術で切り取ったがん細胞を病理検査した結果わかったのは、

「微小乳頭浸潤」がん。

先生の言葉では「顔つきが悪い」細胞で、再発率が高いのだそうです。

なので、術後補助療法として放射線治療を1週間追加して6週間。さらに抗がん剤治療をする、と言うのです。


抗がん剤治療をするなんてそもそも聞いていないし、今はどこも具合悪くない。


それはしません!


と答え、抗がん剤治療は断固拒否するつもりでいました。

「時間はあるのでゆっくり考えてください」

先生はその日それ以上の話はせず、私も想定外の展開にそれ以上何も言えず、病院をあとにしました。


【53歳初心者ランナー 初マラソン・初完走】

その5ヶ月前の2014年2月、私は前の年から全くの初心者で始めたマラソンで初めての大会--東京マラソンに参加、初マラソン、初完走を果たしていました。

これからも仲間とともにもっともっと練習していこう!

旅ラン、駅伝、仮装などのファンラン、地方の大会...楽しい計画はいっぱいありました。

まさか定期検診でがんが見つかるとは...そんなこと、夢にも思わなかった。


【連続当選の奇跡 医師の意思と私の意思】

医師から抗がん剤治療への治療方針変更の話を受けた数日後、2年連続で東京マラソンに当選したことがわかりました。

東京マラソンの当選倍率は10倍。2年連続だと単純計算で100倍、ということです。


この当選で、「自分は抗がん剤治療を受けない」という気持ちが固まりました。

しかし翌月、術後の検査に病院を訪れると、医師はさらに治療計画を話します。

微小乳頭浸潤という細胞タイプのがんは再発率25パーセント、術後補助療法として放射線治療、抗がん剤治療を併用するとその確率が半分になる、と説明されました。

いえいえ、先生、私はマラソンを走るんです。東京マラソンは、ほとんどの人が当たらない。競争率は毎年10倍以上、2年連続なんてほとんど例がありません。100人に1人の確率なんです。(だから出場します)

こうしたやりとりが、8月後半から10月ぐらいまでの放射線治療(こちらは受け入れた)の間中、続きました。

ただ、私が東京マラソンに出場する決意は当選の瞬間からまったく変わりませんでした。

2015年2月の東京マラソンのスタートラインに立つ。何があっても。


【放射線治療と朝練】

何があっても出場する、という決意があったので、放射線治療が始まってからも練習は続けていました。

みんなの読んで良かった!