フツーの女子大生だった私の転落に始まりと波乱に満ちた半生の記録 第33話

1 / 7 ページ

後編: フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第34話

《これまでのあらすじ》初めて読む方へ

あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている大学生の桃子は、少しずつ頭角を表し店のナンバーワンを目指し、ついに頂点に立つ。ところが恋心を抱いていた佐々木が突然店を辞め、店を取り仕切る立場の玲子に裏切られていたことを知った桃子は、玲子をいつか見返すことを誓う。そんな最中、ひいきにしていたシンヤというホストが半ば自殺のような形で死に至る。それに激怒したシンヤの同僚に恨まれるも、桃子はあえて冷酷な対応をし自身を奮い立たせ、本当の意味でパテオの頂点に立つべく、ある男に急接近するのだった。その男とは!?



私が、この男にこんなにも近づく日が来るだなんて

誰1人想像すらしなかっただろう。


私は男の部屋にいた。

都内の一等地に立つタワーマンションの最上階

ホールを思わせるような広々としたリビングルーム

見事なシャンデリアの真下にある高級皮のソファーに座っていた。


部屋の至る所に洒落た置物に混ざって民芸品のようなものが配置されている。

シーサーらしきものが目立つのは、男が沖縄出身だからだろう。


リビングのドアが開き

バスローブ姿の男が現れた。


「それ面白い?」


男は、大きなテレビの画面に向かって言った。

ハリウッドの人気シリーズ最新作が画面に映し出されていた。

ちょうど男たちが激しく銃で撃ち合いを始めたところだ。

酷い仕打ちをされた男が復讐するシーンだ。


「ええ」


嘘だ


本当は内容なんて、ちっとも頭に入ってなんかいない。

そもそもバイオレンスアクションは全く好みではない。

男の部屋にその類のDVDしかなかったせいだ。


「日本にも銃があったら、こんな感じなのかな」


私がそれとなく言うと

男は豪快に笑った。


「そりゃいい。今頃パテオなんか客や女たちの争いで血の海だな」


私は男の方を見た。


そこには浅黒い肌にちょび髭の小柄な初老の男が立っていた。

みんなの読んで良かった!