おかえり、天才

前編: 狂喜乱舞のハイタッチ

彼が日本に帰ってくる。


2012年11月24日(土)J1第33節サンフレッチェ広島vsセレッソ大阪戦で初優勝をしたとき、わたしは広島ビッグアーチにいた。


小雨が降るなか、試合終了直後にフィールドの上で歓喜の輪ができる。


ただひとりだけ、離れた場所にいる紫の戦士がいた。


2011年3月11日の東日本大震災で被災した彼の故郷、福島県いわき市。


祖母は津波に拐われ、戻らぬまま。


計り知れない悲しみだろうと想像する。


2011年の彼と、2012年の彼を見ていればわかる。


抜群のボールフィーリングで、観る者を魅了するハイセンスなパスを幾度となくくり出し、誰の目から見ても優れたプレーヤーであることは明らかだった。


それでも、2011年の彼はどこかで諦めているような、止めている雰囲気が全身から漂う。


フィールドの上をのらりくらりと歩き、心ここに在らず、プレーに安定感がない。


ミスをしてボールデッドしても、取り返しには行かない。


良い選手なのに、何かを止めている。


諦めている。もったいない。


そんな言葉がまわりからもよく聞こえていた。


心技体の“心”が欠けているように見えた2011年のシーズンが終わり、翌2012年のフィールドには、まるで別人のような、覚醒した彼がいた。


ボールを追いかけて誰よりも走り回る。


仲間に対して「俺に預けろ!」と言わんばかりにボールを要求する。


ボールを扱う足さばきが繊細で優しさに溢れているのに、逞しさ力強さも兼ね備えている。


夢中で“何か”を追いかけている。


そして、勝利を積み重ねたサンフレッチェ広島は、見事に初優勝を手にした。


彼はひとりだけ歓喜の輪から離れ、フィールドの上で佇み、手を握り合わせて、“東の方”に向かって祈りを捧げていた。


あれから5年。


そのときわたしは、遠く離れたスタンドから見ていたが、彼のその姿は、昨日のことのように今でも鮮明に覚えている。


髙萩洋次郎。


おかえり、天才。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。