小さな贈り物で祖父母が号泣した話

1 / 5 ページ

「ばあちゃん、嬉しすぎて泣けてくるよ。」



あなたは贈り物をして、こんな言葉を言われたことがありますか?



一生懸命相手のことを考えて選んだ贈り物でさえも、普通は単純に喜んでもらえるだけ。



それがまさか、何気なしに贈ったものがこんなに人の心を動かすなんて。




普段あまり物に関心を示さない祖父が、


「満点だぁ。いいのが来たなぁ〜。」


といい、


いらないものはいらないと、きっぱりさっぱりしている性格の祖母が


嗚咽を漏らすほどの号泣。


私にはその姿が衝撃的で、驚きと嬉しさで胸がいっぱいになりました。




一体何がそこまでクリティカルヒットだったのか。




プレゼントを贈るまでの経緯を振り返りつつ、考えていきたいと思います。




はじめに、

実家で飼っていた愛犬クレアの話をさせてください。






みんなの読んで良かった!