高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.2

1 / 5 ページ

前編: 高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.1
後編: 高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.3

そうだ、東京へ行こう


そう決心したのは工場のライン工として働き始めて、半年程経った11月のことだ。東京には中学の頃に修学旅行で一回行っただけなので、向こうには当然友達がいない。


12月の末にボーナスを貰って辞めた僕は、3ヶ月間、失業給付金を貰いながら一体東京で何をしようか考えていた。京都や大阪なら大学に行った友達がたくさんいるため、何とかなりそうだと思ったりもしたが、今までの人生をリセットしたいと強く考えていた。


「何のために生まれて、何をして生きるのか」


東京に行ったら、全く見知らぬ土地と人達の中で、日常を過ごすことになる。


この歳になるまで将来のことを全く考えて来なかった自分にとって、東京での生活は全く想像が出来なかった。


不安は波のように押し寄せるが、同時にとてもワクワクした。


感情の起伏がない暗い日常に、光が差し込んだような感覚だった。


そんな時、小・中学校と同じだったY君と駅でたまたま会った。
Y君は中学の途中から不登校になり、理由は今でも知らないが、暴力事件を起こしたという噂がある。頭は良く真面目だったのでヤンキーというよりは優等生でキレたら何をするかわからない、というタイプだった。


小学校時代は仲が良かったため、後日近くの公園で近況を話し合った。


高校時代の話、工場に就職して地獄のような毎日から最近退職したことなど、自分の話しが終わった後、Y君の話しを聞いた。


Y君は違う中学校を卒業した後、大阪のミナミでホストをしていたらしい。19歳のピュアな僕にとっては、異世界のような話しを色々と聞いた後、彼は言った。


「東京の○○大学に行くから上京するんやけど、一緒に来てみぃひん?」


僕は二つ返事で「行く!」と答えた。


実は東京に行こうと考えていたものの、家を借りるには仕事が必要で、仕事するには家が必要という問題をどう解決したら良いかわからなかったからだ。


Y君は既に東京に部屋を借りていたようで、ロフトが余っているからそこに住めばいいのではと、提案をしてくれた。今まで母親と1K暮らしで、寝る時はリビングに布団を引き、母親と隣で寝ていた僕にとっては、どんな場所であろうと愚痴をこぼさず生活できる自信があった。


「東京に上京してY君の部屋に住む」と母親に話した時はひどく驚いたようだったが、「東京に行って貯金が出来たら仕送りするから」と約束して、僕は3月末に東京に上京することになった。


上京する当日、僕は大好きなミスチルの「星になれたら」を聞きながら、Y君が住む八王子へと向かった。持ち物は携帯電話と数着の服、50万円貯金したキャッシュカード。


「一体これからどんな毎日が待っているのだろう」


この時の高揚感は未だに忘れられない。
失うものがない僕にとっては何もかもが希望に満ち溢れていた。


まさか数年後に起業を決意するなんて、この時は想像もつかなかった。


胸を高鳴らせながら、僕の東京生活は始まった。

みんなの読んで良かった!