30年以上続く初恋の話です

後編: 30年以上続く初恋の話です。vol.1

あらすじ

小3の時、一緒に学級委員をやった女の子に初恋

好きだったけど、ほとんど喋れず

中学まで地元の公立

高校は、運良く同じ学校に

高1の時、受験勉強に専念するため、手紙で告白

「ずっとお友達で」とフラれる

友達ですらないのに

約20年後

お互い結婚していたが、地元の夏祭りで見かける

少しお酒が入っていたこともあり、声をかける

すぐに初恋の人も気づいてくれてホッとする

その後、知恵を絞って、なんとかメアドをゲット

その年の年末に、お互いの高校同級生を誘って、飲み会

楽しい会が終わり、帰るときに、友のナイスアシストもあり、初恋の人の車で帰る

車のナンバーが、初恋の人の誕生日

小3以来、誕生日におめでとう!と言ったことは一回もないのに、はっきり覚えてる

ナンバー見た瞬間、つい「あ、誕生日」

キモがられもせず、安心

今は、LINE友達、2-3年に1回、ゆるい周期でみんなで飲んでる

いつも「小学校から高校までの12年間より、この飲み会の方がいっぱいしゃべったね」

昨年末、3回目の飲み会

続きのストーリーはこちら!

30年以上続く初恋の話です。vol.1

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。