私が0歳のときに自殺した、父との想い出

1 / 5 ページ

私は、父のことを覚えていない。

知らないといったほうが正しいだろう。


でも、私には父との思い出がある。

とても大切で、私の人生にはなくてはならないものだ。

      

私は、1978年12月5日に生まれた。

父は、1979年4月25日に自ら命を絶った。


私は父が自殺したことを、30歳を過ぎるまで知らなかった。

病気で死んだと教えられていたのだ。

25歳だった父は、人間関係のトラブルが原因で、新婚だった母と幼い私を残して、突然自らの命を絶ってしまったのだそうだ。


母が父と過ごした日々は、わずか2年。

私が父と過ごした期間はわずか4ヶ月半。


もちろん私は父のことはまったく覚えていない。

でも、私は父のことが大好きで、尊敬さえもして育った。

母や祖父母が大切に私を育ててくれ、そして、周りの人の優しさに包まれていたからだ。


だからこそ、母からその事実を聞いたときには、とてもショックだった。

どうして!?


大好きだった分、裏切られたような気持ちになり、そして、なぜか自分が犯罪者の子どものような気がして、誰にも言えず思い悩むこともあった。


でも、私はこれを書くことで、この気持に整理をつけようと思う。



1.ヘレン・ケラーになりかけた私を救った父


     


これは、母から何度も聞いた話。


父が他界してすぐ、まだ幼かった私は突然の高熱に見舞われた。

母は、心配してすぐに私を病院に連れて行った。


しかし、薬を飲んでも一向に熱は下がらない。

毎日のように病院に連れて行き、色々な診察や検査を受けるものの症状は改善されず、一週間近く39度近くの熱が続いていたという。



全然熱が下がらないんです。先生、何とかして助けてください。
医者
色々な手は尽くしましたが、私にはこれ以上どうすることもできません。
そんな!大切な我が子なんです。
医者
大変言いにくいことではありますが、高熱が出てから一週間近く経ちます。今日・明日で熱が下がらないようであれば、お子さんは目が見えなくなる、耳が聞こえなくなる、話せなくなるなどの後遺症が残る可能性があります。

母は、途方にくれた。

みんなの読んで良かった!