【オープニング】元銀座のホステスと元ヤクザから生まれた上智大卒の女のはなし

後編: 【2話】家で亡くなると警察が来て事情聴取を受ける。遺体発見後、1時間経つ間に聴取された話。

私が20代のうちに、母が亡くなった。

亡くなってから、まだ時間が経ってない。数週間くらい。

ずっとこの物語を世の中に残したいと思ってた。

本当は、母が元気な頃に見せて、こんなにすごい人生だったんだよと伝えたかった。


今は、もういなくて、今はとても悲しくて。でも空から見てるかもしれない。

だから、辛いけど頑張って書いてみます。


【私のプロフィール】

現在20代最後、もうすぐで30の女子。

中学の頃は学年3位以内に入り、高校は進学校。

大学は上智大学法学部国際関係法学科。現在は、福祉系の法人で人事部。

料理とか海外旅行が好き。(ペナン島にひとりで行ったときの写真)


これは、よく「初めまして」の自己紹介の時に出すプロフィール。


【これだけ聞いた人の反応】

順調な人生で幸せですね〜。
ええ・・・まあ(そうでもないんだけど・・・)

実はこのプロフィールは、表面的なもの。

他に持ってる爆弾(笑)を伝えると…



【違う自己紹介(爆弾)を聞いた人の反応】

えっ?!………(絶句)
(なんか聞きたそうな顔してる)いやぁ、変な人生ですよね。
(これは聞いてもよさそうだぞ・・・)


その後、興味本位の質問攻め(笑)

さて、その自己紹介はというと…


【別の私のプロフィール】

新宿区歌舞伎町にある病院で生まれる。小学一年生までは、新宿区の大久保で育つ。

台湾人の友達と下校時にラブホテルとは知らず玄関を入り遊ぶ。

母は元銀座のホステス。当時は、歌舞伎町の雀荘の店員さん。

父はその頃ヤクザさん。たまたま雀荘のお客さんとして来た。


そこで2人が出会い、恋に落ちた。(その後、離婚。)


細かいことはこれから書くとして、おばあちゃんに預けられたり、

高校生から1人で暮らしたり、高校を辞めたり。


バイトで貯めたお金を通信教育に使って、自力で上智大学に1浪人の歳で入学。

その後色々とあり、母が亡くなった。


このことを聞くと、私の見た目の大人しそうな姿から想像できないようで、

だいたいびっくりされます。

母が亡くなった時に、事情聴取をした警察の人もビックリするくらい(笑)


さて、この物語を書きたい理由としては、2つある。


少しでもこの話を知って、勇気を出してくれる人がいるのではないか

(人に話すと、よくそう言われるので。)ということと、

あと、母の生き様をしっかりと証として残したいから。


あまりにすごい人生と、強い想いや、聡明さを持ってる母のことを、

しっかりと伝えていきたいと思う。


次回以降、母や私(受験含め)、

父のこと(父のことは離婚をしたこともあり、あまりわからないことも多いけど…)

を書いていこうと思う。

続きのストーリーはこちら!

【2話】家で亡くなると警察が来て事情聴取を受ける。遺体発見後、1時間経つ間に聴取された話。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。