【7話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで②1科目の受験だけで、高校の卒業を認定してくれる制度を見つける

1 / 4 ページ

前編: 【6話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで①ある子の言葉がきっかけで、高校をやめるまでに追い詰められた
後編: 【8話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで③女子高生が大学生の彼氏の家で1ヶ月ニート生活

毎日、寝て冷めるだけのニート生活。



高認ってなんだろう?

高校をやめようと思った。

けど、その後どうするのかも決めてない。

高校を辞めたら中退になってしまう…。

どうしようと思いながらも、起きることができず、

学校に行けない日が2週間続いた。


そういえば、大検ってのがあるなと気づいたある日。

ネットで、大検を調べてみた。

すると、ちょうど私の年に大検がなくなり、第一回目の高認試験が始まることがわかった。


高認ってなんだろうと調べてみる。


カタカタカタ



高認は、高等学校を卒業した人と同等以上の学力があるかどうかを

認定するための試験だそう。

ちなみに大検は、大学入学資格を取得するための試験。


大検では、大学を受験するための資格なので、

専門学校に行くことや、

学校には行かずに就職する際には使えない。

しかも、9科目を全て受けなければならない。


高認の場合は、専門学校や短大への入学資格が取得でき、

高校を卒業した人と同等の学力があることを認定するものなので、

就職にも高卒として使える(ところとある)。


なにより驚いたのは科目数。

私の場合、高校3年生の春まで通っていた。

そして、卒業の単位は全て取っていたのだ。

その場合も高校をやめるならば、

高認を受ける必要はある。

ただ、1科目だけでいいのであった。


これを受けよう!

まるで私が受けるためにあるような、

そのために制度が変わったのではないかとも思うほど。

みんなの読んで良かった!