親孝行

小学1年生の時に父親が病気で亡くなって母は姉妹3人を1人で育ててくれました。朝から晩までずっと働いてご飯も作ってくれました。けど、学校では父親が居ないと言うことだけでいじめられました。何故居ないかを知っているはずなのに居ないとゆうことで母には酷い発言をしてしまいました。それからは中学になっても荒れていて話もしなくなりました。そんな時に、高校受験が始まりましたが自分は荒れていたせいで何もしなかった為 勉強も出来ず教師からは見捨てられていました。けど、母は、私に「私は、あなたの親だから夢を叶えるなら支えるから好きな事があるなら今からでも遅くない」と言ってくれました。そこからは心を入れかえて勉強をして志望校の調理の高校に合格しました。高校に入学し自分を変える為に出来ることを全てしました。卒業の時には、生徒会長になり、3年間皆勤、調理師免許を取得しました。そして、就職をして18歳から働きました。働いて分かったことは今まで育ててくれた母は凄いと言うことです。働くと言うことはとても大変で1人で家族を支えるのは大変だったと今ならわかります。今まで迷惑かけたぶん初めてのお給料で小さいけど母が大好きなチーズケーキを買ってプレゼントをしました。これからも小さいけど少しずつ母にはお礼をしていけたらと思います。そして、自分も母のように強くたくましい人になりたいです。いつもは恥ずかしいから言えないけど私の理想は母です!

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。