武士で能面でいじめられっ子

1 / 2 ページ

中学3年、15歳の時のことである。

突然クラス行事の円陣に入れなくなった。みんなが笑う声がぼんやりと聞こえ、穴に突き落とされたようだった。

その日から、私はクラスメイトではなくなった。

そこにはいるが、存在しない。


教室に入るとクスクスという笑い声が聞こえた。

物理的な攻撃はない。ノートも上履きもピカピカ。

変なあだ名で呼ばれ、テストの回答をバカにされたり。


友達だと思っている人に、気のせいだよねと確認をした次の日には、「被害妄想じゃん」という声も聞こえた。


確かに被害妄想かもしれない。でも苦しい。

友達もそっちだったんだと。自分よりも頭の悪い人にばかにされることも悔しかった。



ただ私は、負けず嫌いな人間だった。

とにかく学校にいる間は、感情を表に出さないように過ごした。

能面生活。

クスクス笑う人たちには蔑んだ一瞥を。

何を言われても、能面。

笑うこともしない。

家では泣いても、学校では泣かない。

笑う部分、話題を与えない。


それでも、学校に行くのは恐くなる。足が進んで前に進めない。

教室のドアを開けるとき。

クスクスがいったん止まるとき。

「あー、逃げ出したい。」


集団でしか戦えない可哀想な人たちに負けたくない。


教室に誰もいなければいいんだ。

学校に意味もなく早めに行く。

自宅の玄関を開ける前に深呼吸。

「よしっ。今日も能面。」


自転車に乗って出発。

いざ出陣!

敵は迎え撃つもの

自転車にヘルメットスタイル

武士の気分だった。

不思議と強くならなければならないと感じた。

みんなの読んで良かった!