姉の話

後編: 姉の話 第二回
彼女との距離感は今考えるととても特殊なものだったように思う。
脳性マヒのため超重度心身障害児として生まれた彼女とのコミュニケーションは一般的な兄弟のそれとは全く違うものだった。
幼かった僕が成長するにつれて世間一般との差異を認識し、彼女とどう付き合ってきたのか、彼女の13回忌まで後少しとなり、一度記憶の整理をつけるために少しずつ書いて行きます。

続きのストーリーはこちら!

姉の話 第二回

みんなの読んで良かった!