姉の話 第二回

前話: 姉の話
覚えている限り1番最初に姉の特殊性を感じた時の話
彼女はとある養護学校にタクシーで通っていた。
僕も当時通っていた保育園を休んで一緒に姉の学校にしばしば遊びに行かせてもらっていた。
ある日姉の学校の運動会があり、家族同伴で、とのことでその少し前に保育園の運動会が楽しかった僕は喜び勇んで参加した。
そして運動会で姉では無く兄が障害物競争をしたり、僕が駆けっことして姉の乗ったバギーを押している時に、運動会の主役はそこに通う子であるということは朧げながらに分かっていた僕は「なんか変」だと感じた。
今もなんとも形容し難いものではあるが、その違和感は話せなかったり、体を動かせなかったりすることではなく、姉が世間とは違う環境にいることに対する不思議だったのかもしれない。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のもも ここここさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。