そろばんのおばあちゃん先生

1 / 3 ページ

小学生の頃そろばんを習っていた。

近所のおばあちゃんが自宅の2階で子供たちに教えてくれる小さな塾だった。

小学校高学年の間、週に2回ほど同じマンションの友達たちと通っていた。

中学に上がってからは通うのが難しくなり、近々で開催される進級試験を最後に辞めることにした。

チャレンジするのは1級である。

その時の実力ではギリギリ受かるか難しいところだった。

まぁ受けて受かったらラッキー、受からなくても仕方ない。でも受けるからには受かりたい。

そんな気持ちで当日試験会場へ向かった。

そろばんの試験は足し算引き算を行うみとり算、かけ算、わり算、伝票算、暗算の5種類で行われる。

大体自分が何点取れるのか計算しながら試験を行うのだが、自分の計算上でも最後の暗算が勝負だなと思うくらいぎりぎりの点数を取っていた。

そのときそろばんのおばあちゃん先生が動いた。

私が次に受けるはずの暗算の試験用紙を持ち出して、一生懸命に問題を解いているようなのだ。

私はまだその理由が分からなかったので目の前の見取り算に集中した。

そして問題の暗算が来た。

問題を配るおばあちゃん先生が、問題用紙と解答用紙の他に、普段は見かけない殴り書きをした用紙を私に渡した。

よく見ると最後の暗算問題の回答だった。

見たこともないような雑な字で数字が細かく記されている。

おばあちゃん先生の焦りが伝わってくるようだ。

これから私が解くはずの回答だった。

みんなの読んで良かった!