待つ力、愛

私は国際結婚をし、約15年。

昨年、生活費を払わなかった夫は、本国に返されました。

其れ迄は、そんな状態で私が困ったり、寮に夫が行ってしまい週末に四日間位しか一緒に居なくなりました。当然ですね、女性の私、若い夫は、1人で生計を立てて居りました。

いつかは、別れてしまうのに、、

とある友人は私に話しました。

私は、そのころは夫しか心に居なかったから、

友人の言葉が良く解りませんでした。

14年経ちました。夫は、一年前にビザを剥奪され国に返されました。

私に結婚を申し込んで居た男性が1人いましたが、既婚者で、結局、離婚をしませんでした。

私は、本当に哀しくなり、どうして良いか、わかりませんでした。

そんな時、

いつもみたいに、

友人は、元気ない?ご飯食べに行こ?

と、誘って、くれました。

何だか、彼こそ、元気がありませんでした。

どうしたの?

最近チョット体調悪くて。

でも、大丈夫だよ。

と、答えました。


私はかなり、直感がするどいのですが、

彼は、いつもの魂が、ない様にみえたのです。

大丈夫?なんか、やせた?

大丈夫だよ。

こないだ入院したからかも、と、

微笑みました。

でも、彼の眼は、泣いている様に、蒼かった。

13年間は、指一本ふれない心友でした。

私は、ワガママでした。

優しい彼は、私に毎日メールしました。

ある時、テレビに出る事になり、スタジオに

いきましたが、採用先の会社の代表のパワハラ ショックでON AIR当日、

全く声が出なくなりました。

帰り、私は、本当に哀しかった。

一年もかかり、やっとON AIRだったから…

そんなとき、心友は、

駐禁切って¥16000払い、直ぐに、茅ヶ崎から、2時間かけて車で迎えに来てくれて居ました…

帰り道に、レストランに寄りましたが、

声が出ない。


メモを取り出し、私は書きました。


声が、でない…


それから1時間位泣いていました…

ただ、ただ、ずっとずっと、レストランで涙が止まるまで、いてくれました。


皆、私に、結婚しよう、とか、離婚するとか、

君は何か僕にしてくれた??

口先だけ男達に、

心の底から、絶望しました。

何にもする気力もなくなりました。



振り向いたら、心友、彼が、居ました。

貧乏な彼は、独身の、貧乏な57歳の私に、

結婚しよう。2017年  5月22日。

彼の62歳になる誕生日でした。



私はアルバイトを3つし、

一箇所には、パワハラされ、嘘しかない職場です。其れも日本の玄関、ですよ?

夜勤をし、心友に何回かメールしましたが、

返事がない。1/1 10am.

不思議に思い、心友が私の誕生日に14回プレゼントしてくた最後の指輪を、はめてみました。

中指に、はまらない。

そうだ、Facebookの彼のTIME LINEを見てみよう!



   『  …さんは、2016.12月24日に、

自宅にて、お亡くなりになりました.…』




気付くのが、遅すぎた…

かけがえのない人に、

気付かない自分に哀しくなり、

更に泣きました…


本当に、

大切な人は、


ひとり。


だから、英語では、THE ONE

て、、、


何にも言わなくても、

彼の14年間の想いは、

こんなに純粋な人がいるのだと、

深く私の心に 息づき初めました。

彼を私の心の中にずっとずっと、

14年間でも、、、

私の生きているかぎり。


帰ってきて。

冗談なんでしょ?

100歳迄 生きるって、いっていたじゃあない、、

私は身体が弱いから、見とってやるよ、、て、、

戻ってきてよ。

嘘つき。

戻らないなら、私が貴方の所へ、行くわよ?

どうして返事してくれないの?

どうして最後まで、私から、

愛してる。

一言も言えなかった。

聞こえる?

解る?

ねぇ、何処に 行けば いいの ?

まだ、信じてない。

貴方は、ヒョッコリ、冗談だよ、て、

でてくるよね?

どうして最後くらい、ワガママ言わなかったの?

余生なのに、2人で未来を作ろう!

ハワイでサーファー屋台とか、やらない?

未来は、今、作るもの。

未来は、勝手に来るものではない…

一緒に同じ未来を創るんじゃあなかったの?


ずっとずっと待っていてくれて、

                   ありがとう…


                           ロペス雅子


















著者のLopez Masakoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。