青島ビール

お酒は楽しく程々に。

なんていうけれど、程々になんてそんな簡単にできるわけない。

一度お酒を飲みだすと、みんなべろんべろんに酔っぱらって意味わからないことをしだす。

笑ったり、泣いたり、脱いだり、吐いたり。

みっともない。

だから私は飲み会が嫌いだ。絶対に出席しない。これが私のポリシーである。


「家に青島ビールがあるんだけど一緒に飲まない?」


普段の自分ならNOだ。迷いなんてない。お酒は害だから。

でも。このときはちょっと違った。


彼と私はサークルの友人。特別仲が良いわけでもないし、かといって悪いわけでもない。

実際かっこよくもないし、普通な人。田舎から上京してきたちょっとださめの男子。The 平均値男。

第二外国語で中国語を学んでいる彼が突然飲み会を誘ってきた。


‐青島ビール‐


いかにも中国語学んでいる、という感じだ。なんだろう、このどうしようもない感情は。

なぜそのセレクトなのか、もっと今時らしいというか、日本の大学生らしいというか、そういう普通のセレクトはできないものなのか。

「愛くるしい」

この言葉がしっくりくるのかもしれない。


「大勢で俺んちで飲み会しようよ」

「私飲み会好きじゃない」

「でもきっと美味しいと思うけど...」

「...」

「たくさん買いすぎちゃったんだよね、はは、飲まない?」

「...考えとく。」

いつもの私なら「考えとく」なんて曖昧な返事はしない。

適当に用事でもつくって意地でも行かない。

なぜ、考えとくなんて言う中途半端な返事をしたのだろう。

何に惹かれたのかな、萌葱色の透明の瓶が私を初めての飲み会に誘っている。

行くかどうか、返事はまだしていない。


みんなの読んで良かった!