【4話】1人でアフリカに行ったら、タクシーで男2人に乗り込まれて、丸一日観光案内。最後は君と夜を過ごしたいと言われた女子大生の話①。

1 / 2 ページ

前編: 【3話】「ピザください。トッピングは無しで。」ピザ屋が運ぶと驚愕の事実が。
後編: 【5話】スラム街でホームステイをしたときの話。そこには、日本にはないあるものがあった。

今夜は君の部屋に泊まらせてもらうよ。だってあの日本人女性も泊まらせてくれたのだから。


母の語りは少しお休みし、自分のことを語りたい。


私は一人で海外旅行に行くのが好き。

初めて一人旅をしたのが、なんとアフリカだった。

そこで遭った出来事を語りたい。


アフリカの中でコーヒーが有名な国で、マザーテレサが第2の故郷とした国を選んだ。

(この写真は、そのときのではなく、シンガポールです。見つからず、ごめんなさい。)


そこに行ってボランティアをしたいと考えていた私は、当時大学4年生。

ひとりで旅行をするのだし、せっかくまだ若いからとアフリカに行くことを決意した。


行く前にたくさんの予防接種をし、

マラリア対策で蚊取り線香をバックパックに収める。

おばかな私はライターをかばんにいれてしまう

初一人旅ということもあり、おばかな私はライターをかばんにいれてしまう

(空港ですぐに没収されてしまった(笑))

なにより、生きて帰れるのかと心配し、いろんな人に死んだらよろしくと言っていた(笑)


なにより驚いたのが、アフリカの空港に降り立ったとき。

みんな黒人さんだったこと。

そりゃそうなんだけど、やっぱり迫力がすごい。


あまりにびびった私は、一旦、トイレに逃げ込んだ。

そして大量の両替をしたことを後悔しつつ、様々な場所にお金を隠した。


アフリカでは2週間過ごしたが、ほとんどがボランティアをして過ごした。

ボランティア先はマザーテレサの家。

マザーテレサの家はインドだと毎日のようにボランティアがいるので、

受け入れ体制が整っているのだけれども、アフリカは違った。


まず、場所がわからない・・・。

とりあえず、地図に書いてある場所へ行くが、

確かにマザーテレサと書いてあるけれども、あまりに小さい。

どうにかならないかと思い、その目の前に止まっていたトラックにいる

シスターらしき人に声を掛けた。


ボランティアしたいんだけど!
・・・うーん。とりあえず乗ってけ!

トラックの荷台。アフリカについて、まずトラックに乗るとは。

このとき私はすでにふらふら。

みんなの読んで良かった!