35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【7】普通コンプレックスからの卒業

1 / 3 ページ

前編: 35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【6】勇気を出して2度目の告白

あとどれだけ続くのか、先が見えない介護生活から 、ある日突然解放された 。


そして、ヒロと私と娘、3人だけの生活が訪れた。


義父母の 介護をしていた時は、たまに親子3人で外出しても、

「たまには、お外で食べて帰りたい。」と訴える娘を

「じぃじとばぁばが待ってるから、お家で皆で、食べようね。」

と、なだめて帰っていたのだが、そんな事も、しなくてよくなった。


ヒロは短期間に、立て続けに両親を失った為、私は燃え尽き症候群に陥った為、 二人ともなんとなく、無気力に過ごす日々が続いた 。


それでも1年、2年と、時は流れ、娘は中学生になった。


私たちはようやく、親子3人だけの生活に、慣れてきていた。


 そんなある日の出来事


2014年10月2日の夜から、自宅3Fの水道が、使えなくなってしまった。


最初は、水道料金の滞納のせいで、止められてしまったのかと思って、水道局に足を運んだのだが、

「先月分はお支払い済ですし、こちらでは、止めてませんよ。」

と、言われ、三階以上の住居なら、タンクからの汲み上げ式だろうから、そっちの問題ではないかと、指摘された。


家に帰って早速、 ヒロに伝えると 、「この家を建ててから、かれこれ25年くらい、ずっと使っているから、きっと交換しないとダメなんだな。」

ということだった。


それなら、さっさと修理の手はずをして、早く直して欲しかった。


ところがヒロは、修理を見積もってもらうどころか、

「何か他の方法で乗り切ろう。」

と言い出した。


私は仕方なく、2階の部屋の水を、3階に汲み上げて、家事をするようになった。


本来なら、2階で生活をすれば済む話なのだが、恩ある人の荷物を、破格の値段で置かせてあげて(いわゆるトランクルームのように)使われていたので、寝泊まりは出来なかった。


なので、トイレとお風呂は、それぞれ下へ降りて、それ以外、要は、主婦が必要とする、炊事用の水は、いちいちペットボトルなどで、汲み上げないといけなかった。


レバーを上下すれば、水が出る生活に、慣れきってしまっている私たちにとって、今更、水道が使えないということは、とてつもなく大きなストレスだった。


私と娘は、何度もヒロに

「タンクを直してほしい。」

と訴えたのだが、

みんなの読んで良かった!