35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【6】勇気を出して2度目の告白

1 / 5 ページ

前編: 35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【5】勇気を出して初告白
後編: 35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【7】普通コンプレックスからの卒業

娘が小学校に上がる春、初めてヒロに「離婚してほしい」


と、自分の気持ちをぶつけてみた。


結果は、変えられる事は、ちゃんと私の気持ちに沿って、変えて行くから、娘の為に、もう少し我慢してほしいと言われた。



私には、言われたくない言葉がいくつかあり、ヒロは知ってか知らずか、すごいタイミングでその言葉を引き出してくる。


離婚を切り出した時も

「自分と同じ思いを娘にさせる気か‼︎」

と、地雷を投げてきた。


その時は、大爆発を防ぎ、お互い痛み分けな感じで過ごし、3年の時間が流れた。


娘が4年生に上がる春、私は

「今度こそ‼︎」と腹をくくって、2度目の離婚交渉を試みた。


前回とは違い、その後の収入面も考慮して、4月から契約社員として、レストランのホールチーフ、と言う肩書きも手に入れたし、離婚する気満々だった。


ヒロは最初、

「3年前に気持ちを告げられた時と、今では、ほとんど生活に改善された面はなく、むしろ親父とお袋の介護状態や、家計の状態も悪くなってるし、もうそろそろ、お前を解放してやらないといけないのかな?とは思う。」

と言って、離婚届に判を押す事を了承したのだが、それを知ってだまっていなかったのが、義母だった。


「あんたに今、家を出ていかれたら、私たちはどうやって生活したらいいの?死ねっていうの?」

と詰め寄られ、最後には、やはり娘を引き合いに出して

「かわいそうだと思わないの‼︎」

とまくし立てられ、一方的に私が責められるだけだった。


義母のその態度を見て、ヒロの考えが揺らぎ、今度は

「親権はやらない!!」

と言い出した。そういえば、私が出て行かないのが分かっているからだ。


そんなわけで、またしても私の思いは遂げられず、義母に

「せめてあと1年だけ待って‼︎

○○(娘の名前)も、10歳になればいろんなことがもう少しできるようになるし、わかるようになるから‼︎」

と、まったく彼女基準の観念の話で、最後はうまく丸められ、私の我慢の日々は、続くのであった。



ここで少し、養父の話をしておきたい。


養父は鹿児島の生まれで、男尊女卑の思想が、根強く残っている人だった。


みんなの読んで良かった!