タイ旅行記 二人の旅人

1 / 3 ページ

タイ旅行記

1980年代後半だった。僕はパチンコ屋でアルバイトをしてそして、溜まったお金で、友達とタイランドに行く事になった。何でも「地球の歩き方」って本が必要らしく

「ギザギザ買って来いよ」言われたから本屋に行くと有った。「これ、ください」

飛行機の切符は友達が用意した。

空港

友達は待っていた。

「待っていたぞ、何だ?お前ジャケットなんか着て南国に行くんだぞ」

「だって寒いじゃんか?」

「あっちは暑いんだ。お前ばっかだなぁ?」

「何だと?」

「リゾートだよリゾート聞いた事無いのか?」

空港で友達は

「軟膏買ってこうか?」言うから

「へ?」って(タイガーバームでないぞ)

5時間飛行機で飛んでタイランドへ飛行機の間

「カメラ持ってきたか?」と聞かれたから

「無いよ」って言ったら

「2000円で売ってやるよ」って言うから

「要らないよ」って言った。海の上を飛んでいたから波が見えた飛行機から、スチュワードルームで

「気持ち悪い」言った。

飛行機の中

友達は旅行中ずーっと自分の写真ばかり撮って

「自分勝手な奴だなぁ」と思った。

「俺は世界中を旅したんだ。お前なんか駄目だ。俺はオーストラリアにも行ったし俺はマスターカード持っているし」自慢げに言った。

「キャッチみたいのに引っ掛かるなよ」友達は言った。

タイランドの空港で

キャッチはやはり来た

「コッチッコッチ」俺達は無視した。

友達は構わず空港の案内にパタヤビーチのバスを聞いた。

「10番だ。何か食おうか?ところでお前お金幾ら持って来ているんだ?」聞くから

「4万だ」

「ばっかお前2週間も滞在するのに持って来いよ、まぁ俺が貸してやるが・・そうだカードお前?」って言うから郵便局のを出すと

「お前は駄目だ」と言われた。当時。郵便局のカードは国内のみだった。

ハンバーグみたいのを食い。煙草を吹かしているとバスの時間が来た。

「行くぞ」

「おう」

そこから5時間位で夜のパタヤへピンクのネオンがあっちこっちでビカビカに光っていた。

日本国にて

2週間前

友達の家で麻雀していると友達は

「何でもEの奴は作家に成りたいって、言っていたぞ」

僕は「何だ?作品見せてくれよ」

友達は「それが嫌がるんだよ」

僕は「何だよ!そんな作家居るのかよ」って言った。置時計がジリジリ鳴った。

「何だ!あいつ何時に寝て何時に起きているんだ?」

「ロン。その3ピンだよ」

「へ?幾らなの?」

「計算してみろ?」

「親の倍満24000点か?」僕は言った。

「こっちは何?これツモったらスーアンコだよね?」ってトイトイ3アンコウを見せると

「はぁシャアが付いてトイトイホーだ」インチキ麻雀。総合計で10万円位払ったんだが

「それよりお前、何で?学校来ないんだよ」

「いやそれが・・・」僕は戸惑った。

統合失調症の現れだった。その時には精神科デイケアなんかもナイトケアなんかさらさら知らず。福祉に興味持った奴を馬鹿にしていた。社会事業大学だかに進んだ奴が居た。僕は高等学校生だった。勉強しなさいしなさいと言われ続け病気の進行は早くなった。知っているなら統合失調を教えてくれよ、そん時。恨みこそしないが、教えてくれなかった病気は家族を巻き込む問題になった。その後であった。

僕は文章を作る事を趣味にしている。勿論プロ作家みたいのは憧れたが、佳作になったのが1ッ個だけ「僕の引越し ギザギザ仮面」まぁその作家に成りたかった奴に触発されたのが有る。以降、僕は統合失調症を病み大学は戻るには戻ったが冷や汗と緊張で行けなくなってしまった。障害年金の話は27歳になった時初めて知ってそれ以上になる生活保護までの道のりは遠かった。まぁこんな話も有ったんだよね

話は戻って

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。