『あなたの夢はなんですか』 『私の夢は希望になることです』

1 / 2 ページ

『あなたの夢はなんですか』 『私の夢は希望になることです』

私が就職活動をしている時、よく『夢はなんですか』という質問をされ、私はこう答えていました。今、こうして字で見てみても、恥ずかしいことを言ってるなという印象です(笑)もしかしたら、読んでるみなさんも『こいつ痛いな』と思われてるかもしれません(笑)いや、思っているでしょう(笑)少し痛いかもしれませんが、温かい目で読んでくれると幸いです。

私は来年就職を控えた、大学4年生です。この私の23年間この夢にどう繋がってくのかを少しでも皆さんが『こいつ痛いな』と思っている気持ちから遠ざけることができればと思います(笑)

第1章(生まれてから小学校)

私の家庭は、父、母、姉、私の日本ではありふれた家族構成となっています。幼なじみもいて、いたって普通にすくすくと育ちました。ただ、問題だったのが『父親が仕事をあまりせず、浮気ばっか、母親はその父親とケンカをする毎日』でした。

そんな中、小学校一年生になった時、毎日喧嘩をしている両親を見て『いつか離婚するんだろうな』と子供ながらに思っていました。今思い返してみるとませたガキだなと思います(笑)そんな喧嘩が絶えない中でも、友達の存在が大きく、元気に過ごしていけました。バスケに目覚め、幼馴染みとともに毎日汗だくでボールを追いかける日々を過ごし、勉強1割、遊び9割な子供でした。

第2章(中学生)

みんなと一緒の中学に行き、バスケ部に入り、なんら変わんない中学人生を送っていた。そんな平凡な中、私が中学二年生になった頃、母親から言われたこの言葉が私の夢の第一歩になりました。

『あなたがしっかりしてないから、私は離婚できないのよ』

中学生になっても、親はケンカが絶えない日々で私自身うんざりしていました。母親はよく父親と喧嘩をした後、お酒を呑んで、かなり精神的にきてるのか、ヒステリックになっている母親を見るのがすごく辛かったのを覚えています。深夜母親が包丁を父親に突き立て、『殺してやる』と錯乱している母親を止める毎日は今でもトラウマものです(笑)そんな日々の中で言われたのが上の言葉です。

当時中学2年生だった私にとって、その言葉は、辛いというよりかはなにか大人になるに向けた第一歩のような意味合いを持ちました。自分がバスケをやりたいからバスケをやり、友達と遊びたいから遊び、そんな毎日が普通だと考えていた自分にとってこの言葉は『自分って何も考えずに生きているんだな』と気づかせてくれるものでした。

『自分がしっかりしてないから、お母さんはこの家を出ていけないんだ。毎日喧嘩してて、なんで、離婚しないんだろうと思ってたけど原因は自分なんだ』当時の自分は本気でこう思っていました(笑)

そこからです。自分の人生は変わったなと今でも本気で思います。自分のしっかりするとは勉強を頑張って、いい高校、大学に行って、立派な社会人になることでした。

『貧乏人の子供は貧乏』『親が離婚した子供は離婚する』これ、当時の私がテレビを見ている時に見た言葉です。(もう少し柔らかな言い方でしたが)私がしっかりしようと思ったと同時に、この日本にある風潮を覆してやるというのが、私の一つの目標になりました。

『勉強頑張って、立派な企業に入って、自分の息子や嫁には不自由させないで一生を終えるんだ』そんな思いを持ちながら。私は毎日勉強していました。あの頃は、本当に、生活に必要なこと以外の時間は勉強していたと思います。

偏差値50前後だったのも70まで上がりました。中学時代のあの頑張りが下地となって今の自分がいるのだなと今でも思います。当時の自分よく頑張った(笑)

そんなこんなで、私の高校受験は全勝という結果に終わりました。

こうやって私自身は変わっていきましたが、親の喧嘩が絶えない日々は続きました。受験期の時も変わらなかったので『喧嘩がうるさくてせっかくの休めれる時間も休められない。お前らがいくら喧嘩しても知らんが、お前らのくだらん喧嘩で息子の人生の邪魔をするな』と怒鳴ったらそこから喧嘩は冷戦になりました。このときめっちゃキレて、泣きながら怒ってたのを覚えています(笑)

第3章(高校生編)

高校生になり、サッカーをやめ、私は念願のアルバイトを始めました。私自身行きたかった大学が私立であったため、資金作りをするためでした。接客業をやっていたのですが、そこで仕事のいろはを教えてもらい、以降この教えはずっと私の中にあります。人生初めてのアルバイトがあそこでよかったと本気で思います。

高校一年生から、アルバイト、勉強、遊びとすごく楽しく日々を過ごしていたのを覚えています。相変わらず、親は喧嘩を毎日していましたが、慣れというのは恐いもので、なんのストレスもなかったです(笑)

そんな日々が1年過ぎ、高校二年生になった時についに、母親と姉が家を出て行く形となりました。学校から帰ると物が急に少なくなって、もぬけの殻の姉の部屋を見て『あー出て行ったのか、何にも俺には言ってくれないんだな』と悲しくなったのを覚えています。

母親にもし離婚したらどっちについていくと聞かれ、まだ財力がある母親の方についていくのが賢明だと考え『母さんについていく』と言っていたのに、蓋を開けたら私は取り残され、母は姉を連れて出て行ってしまいました。この時はさすがに泣きじゃくりました (笑)

私にとってこの行為は捨てられたも同然だったからです。

そこからは、初めての反抗期というものを体験します。さすがにちょっと荒れましたあの頃は(笑)学校も休みがち、勉強もあんまりせず、ただ、母親が出て行き、生活が苦しくなっていく自分の家を見て、初めて人生がどうでもいいと考えていたのかもしれません。成績も、クラス最下位が定位置で、毎日先生に呼び出され怒られる日々でした。『何にも知らないくせに』と今考えても子供だなと思うくらい逆ギレを先生にしていたのを覚えています(笑)ただ、学校に行って、働いて、寝る。そんな日々でした。

そんな高校2年生が過ぎ3年生になり、受験というものが、目の前に出てきました。『どうでもいい』と考えていた当時の自分を変えたのは、当時のクラスメートです。1年生の頃から学年トップの成績を取り続けていたA君。そんなA君は高2の頃から、1個上の3年生と一緒に、図書室で勉強していました。ずっとトップを取り続けているのに、誰よりも早く目標に対して動き出して、自分を向上させるためだけに、努力を続ける。そんな彼の背中に感銘を受けていました。『俺も今からでも頑張らなくちゃ』そんな気持ちに彼はさせてくれました。

そこからは、過去の自分を思い出すかのように、猛勉強に猛勉強を重ねて居ました。休日は1日15時間を目安に勉強をして、『合格』に向けて一心でした。

そして迎えた大学受験、結果は第一志望校は落ち、第二志望校への進学となりました。

後悔があるかと言われたら、今でも微妙な心境です。勉強せずに荒れてた時間を後悔してるかと言われれば後悔していると思う一方で、あの時間が、この今の自分にとってはプラスに働いていると思っているからです。実際、受験日の日、私の心境は、勉強を自分の最大限やりきったという感覚でした、不合格と知ったときもこんだけ勉強して落ちたんだから悔いはないという心境でしたなので、私は家が貧乏とかの理由ではなく、満足のいった形で、第2志望の進学を決意しました。

受験が終わり、久しぶりに家族4人でご飯に行く機会がありました。家を出て行ってから初めての母親と姉に緊張していましたのを覚えています(笑)そして母親と対面して初めて言われた言葉が『あんたよくあの大学に合格できたね、自分でも受かると思わなかったでしょ』こんな言葉をいただきました(笑)『人の努力も知らないで』こんな思いで、初めて怒り泣きを体感しました。怒りで体が震えるとはこのことかと思いました(笑)

その日はそのまま帰り後日母親から謝罪があり許したのですが、人生で一番怒った瞬間はこの瞬間ですね(笑)

第4章(大学生編)

話は少し脱線してしまうのですが『家が貧乏ならなんで国公立の大学に行かなかったの』と思われる方もいると思います。全くもってその通りです(笑)ただ、私が私立大学を目指したのは『母親を超えたかったため』『貧乏という理由で国公立大を選んだら結局貧乏を理由にしている』と考えていたからです。

みんなの読んで良かった!