ワイルドな顧問と出会い、バスケ部の男子マネージャーになった話。

1 / 3 ページ


たかが高校の部活。

されど高校の部活。


皆さんは誰かに感化され、

きっかけを与えてもらった

経験はありますか?

そんなお話です。


「いやー結婚指輪なくしちゃってさー!嫁が実家に帰っちまった!」「...え?」

それがD先生とのファーストコンタクト。その後まもなく、ぼくはバスケの選手を辞め、彼の元でマネージャーになることを決意しチームを束ねていくことになる。


舞台は東北のとある県。進学が決まった高校は地元の中では進学校だった。ぼくは、中学の時に可愛がってもらった先輩に誘われ半ば強引にバスケ部に入部を決めた。


最初に言っておきたいのが、バスケは上手でもなければ下手でもない。完全に受け身な状態でまた3年間バスケかーと当時は憂鬱だった気がする。


そんな練習開始日に、その年から講師になったD先生が顧問として部活へ参加しに来た。その時の言葉が最初に述べた通り"離婚危機"の状況だった。


進学校の先生=まともでマジメな先生ばかり、という方程式がぼくの頭の中で崩れ去った瞬間である。時は過ぎ3年生は6月で引退し、いよいよ自分たち1年生も本格的に練習に参加することになる。そのぐらいからD先生が男子バスケ部の指導の実権を握るようになってきていた。


D先生は身長が高く体格もいい。ひげは濃く、髪はボサボサなことが多い。自信家だけど人の悪口は絶対に言わない人だった。見た目は西島秀俊の体格を大きくして少し童顔にした感じ。D先生と呼ばれるのを恥ずかしがり周りは彼をDさんと呼ぶ人が多かった。


ちなみにぼくはと言うと、運動神経は決して悪い方ではない。体力テストでは中学から総合A評価を取り続けていた。しかし、体が硬いことや体の使い方の悪さからしばしばケガを繰り返していた。


腰の疲労骨折をして、部活を見学していた時だろうか。

D先生がぼくに昔語りをしてくれたことがあった。もともと先生はその高校のOB。当時から進学校だったのにも関わらず、D先生の部活の代はなんと県2位の成績を収めたそうだ。


すごいことだ。

進学校のため練習時間も周りの高校に比べて少ない中、よほど努力を積み重ねたのだろう。しかもチームで。キャプテンを務め精神的にもプレッシャーがかかるのに勉強の成績も申し分なかった。


彼は過去の栄光をひけらかそうとするタイプではなかったため、後半から自分でぐいぐい聞いた。


その後、バスケの名門であるC大学にスポーツ推薦で入学をするが、そこで先輩たちからひどいいじめを受けていたらしい。


練習中だけでなく試合に出てもそれが続いたそうだ。パスが来ない。ドリブルをしていても仲間がパスをもらいに来ない。


「あの時はバスケじゃなくて陸上をしている気分だったな笑」そう語りながらいつも通り笑う彼の顔は今でも鮮明に覚えている。


ガードという、ボールを回すポジションなのにボールの主導権をくれないという何ともやるせない気持ちは理解できた。


「バスケやめようとか考えなかったんですか?」と思い切って聞いてみた。すると「好きだから続ける。悪いのはバスケじゃない。それだけの話だろ?」

この言葉が当時のぼくに

とても刺さった。

みんなの読んで良かった!