『イラスト奮闘録。イラストレーターになりたい、と走り続けた日々の物語』第15章「展示会と、ルポの仕事と、震災と」

1 / 3 ページ

前編: 『イラスト奮闘録。イラストレーターになりたい、と走り続けた日々の物語』第14章「厳しくなる仕事状況と、道半ばの別れ」
後編: 『イラスト奮闘録。イラストレーターになりたい、と走り続けた日々の物語』第16章「自分の核をみつけること」

その1「集大成の大きな個展」

それなりに山も谷もあったけれど
気が付いたら15年の月日が流れていた、
2010年5月。
7年ぶりに大きな個展「ユーモリスト」を、
原宿で開催しました。これは約70点ほどの
作品を飾った大規模な展示会でした。

内容も今まで描いてきたものを全部出し、また
オープニングパーティも手作りで、来場者には
お土産用にオリジナルクッキーを用意したり…と、
色々と手が込んだ造りでした。
これだけの規模になると『個展』と言っても
私一人の力で構成するのは無理なので、
イラストレーター仲間や、ギャラリーのスタッフさん、
パティシエの友人など、沢山の方に協力して頂きました。

イラストレーターになった時は、一人きりだったけれど、
この頃になると、わからない事を聞くと教えてくれる
同業者の友人や、今までの活動を見知って、困った時は
こうして手を差し伸べてくれる人たちが、周囲に現れました。

しかもこの会場は、10年前に初個展をしようと思った時に
『うちではまだ時期尚早だと思うから…』と、お断りされた
場所でした。それが今回はすんなりと承諾。
そういう意味でも、長年ひとつの事を頑張ってきた成果が
少しずつですが、感じられるようになってきました。



その2「イラスト活動の原点に返る、展覧会を観た」

この年、私の個展開催とほぼ同時期に
都内の美術館で「ノーマン・ロックウェル展」が
開催されました。

ロックウェルは少し前の時代を生きた、
アメリカの画家です。温かいまなざしで、人々の
暮らしをユーモラスに描いた作風は、今も多くの
ファンを魅了していますが、同時に私が15歳の時に
「イラストレーターになろう」と決めたのは、この人の
作品を見たからでした。
なので懐かしさと、原点に立ち返る意味合いも含めて、
何度か会場に足を運びました。

展時会場はいつ行っても、大盛況ですごいにぎわいでした。
行くたびに入場制限が出来ていたり、グッズ類も
次々完売してしまったり。
ロックウェルの作品は、今風のイラストとは違って
少しノスタルジックな雰囲気であるにも関わらず、
今でも多くの人に受け入れられている事実を
目の当たりにして、なんだか目が覚める思いがしました。

と同時に、仕事をする上で一番意識しているのは
当然ながらクライアントさんや業界の方々に対してですが
作品を一番伝えたいのは、やはりこういう
(美術関係を生業としていない様な)ごく一般の人たち
ではないか。クライアントやデザイナーさんの先には
こうした普通に美術を楽しむ人々がいる。その人たちに
伝えたいことが的確に伝わる作品を描くのが、
大切なんじゃないか。この展示会を通して、作品を楽しむ
人々を観て、そういう想いが新たになっていきました。

そしてこの時、強く意識した「普通の人たちの
日常を、記録するように描くこと」は、その後、
私の制作活動の大きな核となっていきます。


その3「個展から生まれたお仕事」

個展が終わって間もなく、再び荒川ふるさと文化館さんから
夏休みの子供達向けの企画で配る、遺跡案内の小冊子に
地図を描くお仕事を頂きました。ちなみにこの仕事が
来たきっかけは、個展のDMをお送りした事でした。

先方のお話を伺うと、どうやらDMに掲載されていた
イラストマップが、この企画のイメージに合って
いたらしいです。なので「空飛ぶもんじゃ焼き」以来、
実に10年ぶりに仕事を組ませて頂きました。
こういう形でお仕事を頂いたり、ご縁が復活する事を
思うと、個展の開催には、ただ一定期間作品を
飾るだけではない、色々な付加価値があるようにも
思いました。

地図を描くには、荒川界隈を精密に歩かなくては
いけませんが、この年はなぜか異常に暑い夏で、
そして結果的に観測史上最も暑くなった、少し
おかしな陽気でした。なので本格的な夏を待たずして、
すでに取材を行っていた6月の頃から、暑さが
迫っていたため、街歩きは結構大変でした。

それでも「子供たちの役に立つ仕事」と言うのは
描いていても、ひときわ嬉しいものです。
お仕事自体は、返って私の励みになりました。


みんなの読んで良かった!