「たかが自分、されど自分、そんな自分が一番大切」

1 / 5 ページ


僕は自分の進化を感じる時「阪神大震災」を思い出します。

多くの命が亡くなり、多くの人が思い出したくも無いであろう悲しい出来事でした。


しかし僕にとっては、大変不謹慎と言われるかもしれませんが、あの地震のおかげで目線があがり、人生が明るく代わるきっかけになった出来事でした。


まさに「あの地震のおかげで今がある」と感じています。



1995年(平成7年)1月17日午前5時46分僕は西宮の実家のばーちゃんの部屋にいました。


ばーちゃんは既に亡くなっていて、部屋だけが残っていました。


ばーちゃんの部屋は玄関から入ってすぐの部屋だったので、

その日は酔ってへべれけで帰りばーちゃんの部屋で気を失ってました。


16日の夜に当時憧れていた女性に、その月の末に大阪城ホールに来るビリージョエルのライブチケットを出汁に結婚を前提にお付き合いを御願いしたものの、撃沈されてしまい、先輩のバーで飲みまくりどうやって家に帰ったのかも思い出せない状況で迎えた朝が地震の朝でした。


腹が苦しくて眠りから覚めたものの、てっきり死んだばーちゃんが僕の腹の上に座って説教しに来てるんやと勝手に妄想してびびってしまい、暫く目を開ける事が出来なかった事を覚えています。


実際はタンスが僕の腹の上に倒れていただけでした。


しかしなぜタンスが倒れているのかを理解する事が出来ませんでした。


よく見たら頭の側にもタンスが倒れていました。直撃してたらアウトでした。


その瞬間は相当ばーちゃん怒ってるなぁと感じましたが、

ばーちゃんが僕を守ってくれたんでしょうね。


ばーちゃんありがとう。





ラジオを付ければDJが大きな地震が神戸を襲ったと言っていました。


前日にふられた彼女は東灘に住んでいたのです。


東灘が特に大ピンチだと知り、

気がつけば単車で東灘の彼女の家に向けて走っていました。



みんなの読んで良かった!