和をもって尊しと成す⑵

前話: 和をもって尊しと成す⑴
次話: 和をもって尊しと成す⑶

その後、お医者さまも驚くほど、奇跡的に順調な発達をしてくれたT恵ですが、やはり知的な面の遅れは目立ち、言葉もトイレトレーニングも小学校に入学してから…普通の発達のこどもよりも本当にゆっくりゆっくりのT恵ペース。

けれども、彼女らしいひたむきな頑張りと先生方の献身的な支えもあり、だんだんとできることが増えてきました。

そんなT恵だったので、わたしは小学校入学のときに

(卒業するころには簡単な絵本を妹たちに読んであげたり、自分の名前がひらがなで書けたらいいなぁ…)と思っていたのです。

ですが、この冬休み、宿題のプリントの名前を書く欄をふと見ると……

自分の名前を下手ながらも漢字で書いているではありませんか……?!

一瞬わが目を疑いました!

「Tちゃん!漢字で名前書けるの?!」

「うん、K子せんせいがおしえてくれたよ」

T恵の言葉は、K子先生との様々な思い出をよみがえらせ、わたしは不覚にも涙してしまいました……。

続きのストーリーはこちら!

和をもって尊しと成す⑶

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。