ガールズブラボ^^

1 / 2 ページ

人生でたった一度しか、会っていないのに、忘れられない人たちがいます。




いつか、映像化できたら面白いだろうなと、想っていた


ある一晩の出来事を、書いてみました。




聴いてください。












 あれは、今から、22年前。初めての一人旅。


 ウィーンからフィレンチェにユーロレイルで向かったときのこと。


 日本でだって女一人旅をしたことも、夜行列車になんて乗ったことないというのに、私は、生まれて初めて、ユーロレイルの夜行列車に飛び乗った。


 初めての一人旅を計画しているときは、まさか自分が夜行電車に乗るなんて、考えてもいなかった。そんな危険なこと、自分にはできっこないと思っていた。


しかし、ロンドンから始まりパリを経由し、パリからウィーンまでの一人旅を続けてきた私は、すこしだけ「旅」という非日常の日常に、慣れてきていた。


ヨーロッパ4か国めぐる電車旅を選んだものの、さすがに昼日中の10時間を電車の中だけで過ごしてしまうことがなんだか、とってももったいない気持ちになってきていたところだった。


 たまたまウィーンのユースホステルの食堂の席で、隣に座ったアルゼンチンの女の子が、イタリアに向かう夜行列車の話をしていた。どうやら、私が、夜行に一人で乗るのはどうしようかと迷っていた列車の話をしてるらしい・・


そこで、私は思い切って、フィレンチェ行の電車に一緒に乗らないかと


誘っていた。


私たちの話は一気にすすみ、夜の7時出発に間に会うように、駅のホームで待ち合わせをした。










 ところが、出発ぎりぎりまで私は、ホームで待っていても


そのアルゼンチン出身の彼女には会えなかった。結局、バックパックと同じくらい重い不安と後悔を抱いて、ワタシは電車に乗り込んだ。


約束したのは、その日のユースホステルの朝食のとき


初めてで、しかも互いにかなり怪しい程度の英語力での会話。


「そんな勢いで約束をした子を信用するほうがイケナイ?」


「いきなり気が変わっちゃったのかな~」


「やっぱり、会話になってなかったのかな~」


一人ごとをつぶやきながら、せいいっぱい平気な顔をして、・・とにもかくにも、わたしは、一人フィレンチェ行の電車に飛び乗った。






約束をしたアルゼンチンのあの子を探しながら・空いている二等席を探して車内を進んだ。






二等席のコンパートメントにすでに乗り込んでいる他の客たちは、すべてガラが悪そうに見えて仕方がない。不安な気持ちが募る、募る。


「まさか、私が電車を乗り間違えた?」そんな心配ももたげてきた。


そのとき、日本人バックパッカーを発見。まるで、真夜中の海で漂う小舟の私が、灯台の小さな灯火を見つけたような気持ちになった。


すかさず、彼らに、日本語で、まずは乗った電車の行き先確認と、このまま約束したアルゼンチーナに会えなかったら、隣の席に来ていいか?と言うお願いをした。


(※ユーロレイルは、すべてではないが2等席も、一つ一つ区切られドアも付いた個室のようになっている。ちなみに寝台券は買ってないので簡易ベッドはない。シートはほぼ直角のイスが向かいあっているだけである。)




親切な彼らは、日本語で和やかに教えてくれた。この電車はフィレンチェ行きで、私の乗り間違えではなかった。


 この状況なら、さっさと日本人バックパッカーの方と一緒にいればいいのに

ワタシには変に律儀なところがあって、

「もしアルゼンチーナの女の子もこの電車のどこかで、ワタシを探しているのだとしたら・・・・」とおもうと、彼女も女一人旅で、互いに心強いということで、あやふやといえども約束をしたのだがらと、

すべての、2等席に彼女がいるか探してからでないと、なんだかフェアじゃない気がして、 ワタシはアルゼンチンから来た彼女を探してさらに車内を進んだ。


重いバックパックだけ、親切な日本人旅行者のかれらの席に置かせてもらい、


ぐんぐん歩いていくと、


 すると!やはりあのアルゼンチーナは、乗っていた。どうやら、彼女は7時ぎりぎりに電車に飛び乗ったらしいのだ。私たちは抱き合って、大喜び!


 ようやくワタシは、彼女がとっておいてくれたた2等席のコンパートメントに落ち着き、バックパックをおろした。


かなりおなかがすいていたので、夕方に買っておいた夕食用のサンドイッチを食べようと、袋を開けたそのとき、


 今度は、いきなり、なんと!!!真っ暗闇。


「しばらくしたらつくだろう」と、タカをくくって、暗闇でパンをかじりだしたのだが、陽気なカリーナ(ようやく名前を思い出した)もどんどん怖がりだすし、そのうち空調も切れて、急激に寒くなってきた。






まさに、一難去ってまた一難。どうなってしまうのだろう、

真っ暗闇の中、ワタシは様子を見ようと廊下に出てみると、他の車両は電気がこうこうとついているではないか!


すぐに、おろしたばかりの荷物を全部まとめて、カリーナと明るくて、暖かい2等席の車両に大移動をした。




みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。