【 あなたが思う、世界最高の成功とはなんですか?】小学4年生まで泳げなかった私がたった1年で学校代表選手に選ばれた話

1 / 3 ページ

あなたが思う、

世界最高の成功とはなんですか?






幼少時代の私は、母に甘えてばかりで、

父がオモチャを買ってくれないと

オモチャ売り場で泣いて暴れる子供でした。




保育園の参観日、

はじめてのドッヂボール大会では、

みんなの標的になり、

泣いてばかりの弱い男の子でした。


みんなからボールを当てられ

泣き続ける私を見て

1番に悲しんだのは母でした。


母は情けなくて

涙が止まらなかったそうです。



保育園でいつも

女の子に泣かされていた私は、

先生から

『 しんちゃん、

もっと強くなって!! 』

と、よく言われていました。









いつも泣いてばかりいた私は、

保育園の先生を守れる男になったら、

先生と結婚をすると約束をしましたが、




弱虫な私は小学校でも弱虫でした。。


勉強ダメ、運動ダメ、、、


学芸会の演劇では、

おむすびや家来の役で、

セリフなんてありませんでした。。。


何をやってもダメな私は

特に水泳が嫌いでした、、、



なぜ、

そんなに水泳が

嫌いだったのかというと、

プールで顔を水につけられない

私とは正反対に、

2つ年下で運動神経抜群の妹が

水泳で上級生を

圧倒させていたからです。




小学4年生の時、

そんな私に転機が訪れました。




私が初めて

学校の水泳大会に参加したのは

小学4年生の夏でした。



私は、

《 5メートル以下 》

という種目に出場しました。



その種目は、

まったく泳げない4人の子供が、

どれだけ泳げるかという、とくに

競いあうわけでもない内容でした。


私は4人の子供の中で

圧倒的にビリでした。


他の3人は5メートルどころか、

10メートル以上、

15メートル以上、

20メートル泳ぐ子もいました。



大人の世界でも同じことが言えますが、

いくらできなくても、

できないなりに頑張っていれば、

まわりから応援されるものです。


その子達も泳げないなりに

がむしゃらに頑張って泳いだのです。

先生や他の生徒が必死で

その3人を応援したのは当然のことです。


誰からも応援されなかった私は、

2メートルも

泳げたか泳げなかったか、、、


顔に付いた水を

必死で振り払う姿を見た担任の先生は

情けなくて仕方がなかったそうです。


私の妹は、

まだ小学2年生だというのに

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。